読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

褒められて上手くなる絵画教室

京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年、一晴画廊オーナー)のネットで学べる絵画教室

絵は作業の積み重ねである

こんにちは。

宮毬紗です。

 

今日、素晴らしい「あぶな絵」を手に入れました。

英泉のものです。

復刻版なので安価です。

 

早速、模写して遊びたいと目論んでいます。

 

英泉の復刻版の「あぶな絵」に興味のある方は画廊へ問い合わせてくださいね。

ほとんど私が買い占めましたが、まだ数枚残っているかもしれません。

 

 

さて。

今日はこの記事の補足のような話です。

miyamarisa.hatenablog.com

 

クリエイティブになるということは、その絵を描くために、どのような作業をすればいいのか、創意工夫していくことでも可能であると書いています。

 

絵のテーマだけをクリエイティブに考えるのではないのですよね。

 

 

絵を描く人の大半は、「何を描くか」ということに注力します。

モチーフテーマに重点を置きます。

 

 

人物を描くか。

風景を描くか、

人の悲哀を描くか。

愛を描くか。

 

 

でもですね。

 

絵画制作って、主にやっていることは「作業の積み重ね」です。

思索を重ねるのではなく、手で行う作業の積み重ねで絵画は出来上がっていきます。

これをやっている時間が、長い人も多いですよね。

 

この作業の間に、いかに工夫をしていけるか、クリエイティブに考えられるかが、絵の良し悪しを左右すると言っても過言ではありません。

 

極端に言えば。

 

あなたが人物を描こうが風景を描こうが、そんなに大差ないのです。

 

コンセプチュアル・アートとして、モチーフが意味を持つのなら別ですが、「描きたい」と思った対象物としてだけ絵の中に配置するのなら、何を選んでも、絵画性が大きく変わることはありません。

 

それよりも。

 

あなたがどこまで、その絵に時間をかけたか、どんな描法を使ったか、どんなメディウムを選んだかなどで、絵画性が変わります。

 

テーマやモチーフだけで、絵画性は決まりません。

コンセプトが主の絵画であっても、そのコンセプトを伝えるための適切な描法を選んで、画面に表出させなければいけません。

 

手で行う作業の積み重ねの質が素晴らしいと、コンセプトありきの絵画ではなく、表現全体が質の高い絵画になっていきます。

 

 

ただしですね。

 

やみくもに、手で行う作業に「時間をかけろ」と言っているのではないのですよ。

いじり回してダメになる時もありますから。

 

時間の問題ではないのですが・・・

 

でもできる限り、時間はかけた方がいいです(笑)。

 

サラッと描いてあるように見える絵でも、絵画性が高いものは、コンセプト、配置、基底材やメディウムを選ぶセンスを練り上げてあります。

しかも、サラッと描いたように見せて、実はかなりの時間をかけていたりします。

 

こういうことは、模写をしてみると分かります。

色まで再現してみると、かなり塗り重ねないと、その色が発色しないとか、色と色との境界線の厳密さがすごいとか、何かしら「他の絵にはない、その人独自の要素」が隠れているものです。

 

好きなアーティストの模写は、ぜひ一度やってみてくださいね。

 

 

もしもですね。

 

モチーフ選びに困ったら、そこで時間を消費するのはもったいないので、なんでもいいですから、パッと思い浮かんだものを選んで、どんどん描いてみてください。

 

たくさん描いて、作業の精度を高めるのです。

手は動かさないと、感覚が鈍りますからね。

 

迷っているなら、描いてしまう。

それができる人が、次第に頭角を現してくる理由は、もう分かりますね。

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ アトリエ・スタジオへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

リアル絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

 

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp

どうしたら今すぐクリエイティブになれますか?の回答

こんにちは。

宮毬紗です。

 

最近読者が増えてきました。

いつも読んでくださってありがとうございます!

 

これからも役立つ記事を書いていきますね。

リクエストがあれば教えてください(*^^*)

記事に回答を書いていきます。

 

 

さて。

 

今日のテーマは「クリエイティブになる方法」です。

 

先日ある質問を受けました。

 

 

美大生です。出品作品のテーマが決まりません。もうすぐ締め切りです。どうしたら今すぐクリエイティブになれますか」

 

 

なるほど。

 

即効性のある方法ですね。

 

いいでしょう!

クリエイティブになってもらいましょう!

 

 

いろいろと考え尽くした後の場合は、机の前でウンウン唸っていても、ほぼ何も出てこないでしょう。

 

まず動きましょう。

 

頭をよく働かせるには、体を動かしましょう。

心身のバランスを整えるのです。

動かすのは主に足です。

早歩きで散歩しましょう。

 

 

それとですね。

 

普段と違うことをしてください。

 

普段は自分に禁止していることだったら最高ですね!

 

顰蹙を買うのも、オススメです。

 

「よく、あんなことができるよねー」

 

やっている人に対して、少々ムッとしたり、目くじらを立ててしまうことを、あえてやってみましょう。

 

少々ムッとする程度のことですから、犯罪や人に大きな迷惑をかけるもの以外になりますよね。

 

 

そういうことを「あえて」やるのです。

 

 

「宮先生、そんなこと簡単にできません!」

 

 

はい、そうですよね。

 

できないと思います。

その感覚で合っています。

 

簡単にできれば意味がありません。

それでいいのです。

 

 

ではですね。

 

それが簡単にできない理由を考えてみてください。

「なぜ、それをしたくないのか」と、よーく考えてみましょう。

 

理由はスッと出てきますか?

 

 

・・・ちょっとですね。

例えを出して考えてみましょうか。

 

「デパ地下の試食を1人で食べ尽くす」

 

これは出来ますか?

 

あなた1人で、ケースのなかの試食品をすべて食べてしまうのです。

店員さんや、他のお客様の前で、ムシャムシャと。

 

 

試食ケースに「お1人様1つでお願いします」と書いてない限り、禁止されていることではないのです。

「お願いします」と書いてあっても、厳密には禁止ではないですよね。

 

 

でもやりにくいですよね。

 

大胆不敵な私でも、できるかどうか・・・。

 

 

なぜやりにくいのでしょう。

 

なぜなら、「これは1人で食べるものではない。他の人も食べるもの」という配慮があるからです。

 

やってみる前に、色々と相手の都合や事情を考え、配慮した行動を取ろうとします。

 

 

でもですね。

 

日本人に多いのですが、ほとんどの場合は相手に配慮しすぎなのです。

 

特に女性に多いですね。

共感する力が強いので、相手の事情を考えすぎてしまいます。

それによって、必要以上に自分の行動を制限するのです。

 

 

これを無自覚にやっていると、心にリミッターかける癖がつきます。

自分がやりたいことを考える前に、まずは人の都合を考える癖です。

 

 

絵画制作において禁止されていることは、ほとんどないのですよね。

驚くほど自由です。

 

なのにテーマが見つからない。

なぜでしょう?

 

もしかして。

 

あなたが描きたいと感じるテーマを深めていく前に、何か違うものに配慮していませんか?

 

大学の先生であったり。

 

友達であったり。

 

成績であったり。

 

親の期待であったり。

 

人の思惑を勝手に想像し、やりたいものを打ち消していませんか?

 

 

今すぐにクリエイティブな思考になるには、外側の何かを取ってつけることは、さほど必要ではないのです。

 

それよりも。

 

あなたの内側に、すでに十分にあるものを、自由に動かし、表出させることで可能なことです。

 

さらに言えば。

 

あなたは自由に落書きをするときに、「何を落書きしたらいいか分かりません」と悩みますか?

 

すっと手が動きますよね。

 

誰にも配慮しなくていいからです。

自分が思うままにできるからです。

 

 

パッと「やりたいなあ」と思い浮かんだテーマがあるはずですが、多くの人は、思い浮かんだ瞬間から、それをやれない理由を考えだします。

 

数々の「でも」が、あなたの本心を否定していきます。

 

 

「でも描いたことがない」

 

「でも絵になるか分からない」

 

「でもそんなモチーフはダメと言われるかもしれない」

 

「でもこんなテーマでは評価されないかもしれない」

 

 

自由なアイデアであるほど、他人への配慮を持ち出して、思い浮かんだことを否定し始めます。

 

 

あなたはどうですか?

 

本当は描きたかったモチーフがあったのではないですか?

ちょっとだけでも、「描いてみたいなあ」と思い浮かんだテーマはありませんでしたか?

それを理由をつけて、打ち消していったのではないですか?

 

最初にパッと思い浮かんだものを、ぜひやってみてください。

いろんな「でも」が思い浮かんでも。

 

クリエイティブになるということは、最初に素晴らしいアイデアを作り上げることではないのです。

パッと思い浮かんだ、実現が困難に見えるアイデアを、様々な工夫を凝らして実現させることに、クリエイティブの真価があるです。

 

あなたが本当にやりたいことをやるために、クリエイティブになってくださいね。

心から応援しています(*^ー^*)

 

 

にほんブログ村 美術ブログ アトリエ・スタジオへ
にほんブログ村

 

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

リアル絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

 

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp

 

続・プレゼントの絵を描くときのポイント(タイトルについて)

こんにちは。

宮毬紗です。

 

こちらの記事の続きです。

miyamarisa.hatenablog.com

 

大事なことを書くのを忘れてました(^。^;)

 

プレゼントの絵だけではなく、もしも画廊で個展をするときなどにも気をつけてほしいことです。

 

 

「タイトルにネガティブなイメージを想起させる言葉を使わない」

 

 

これは、かなり大事です。

タイトルが原因で、絵が売れないことも実際にありました。

 

例えばですね。

 

こんな言葉を使うのは避けたほうがいいですね。

 

「傾く」

「沈む」

「落ちる」

「滑る」

「果てる」

「萎む」

 

特に、会社を経営している人には「傾く」は禁句です。

 

「赤」という文字も、微妙かもしれませんね・・・。

経営をしていると、「赤」という言葉を聞くと、つい「赤字」を想起したりします。

 

 

タイトルには、明るいイメージの言葉を使うのがいいですね。

 

「未来」

「希望」

「広がる」

「輝く」

 

こんな感じの言葉をぜひ入れてみてください。

 

 

絵画は自己表現ですが、プレゼントや販売を目的にするときは、受け取り手の気持ちを考えましょうね。 

これは対人関係のマナーにも通用します。

 

人は自分を幸せにしてくれる人を応援します。

あなたが誰かを幸せにしようと工夫すればするほど、ファンが増えていくのです。

 

 

受け取った人が幸せになる工夫ができると、次々とあなたに絵の注文が入ってくるようになりますよ。

夢物語ではありません。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ アトリエ・スタジオへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

リアル絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

 

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp