読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

強烈に愛される画家になるための特別講座

これから画家になりたい人必見!京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年、一晴画廊オーナー)のネットで学べる絵画教室

6月で非公開になる記事があります

こんにちは。

宮毬紗です。

 

いつも読んで下さっている方へお知らせです。

 

6月から現在公開している記事の一部を、限定公開にします。

作家さん用記事は、6月中旬より、すべての記事を非公開にします。

 

これまで試験的に公開してきましたが・・・

 

生徒さんや出品する作家さんだけに伝えてきた秘けつを、かなりフルオープンにしすぎました(^-^;)

 

気になる記事は、早めに読んでおいてくださいね。

 

非公開になる記事や、一部の読者さんだけに伝えたい記事は、今後はメールにて配信する予定です。

まだ準備中ですので、ちょっと待っていただくかもしれません。

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

京町町家で学ぶ絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp

 

 

画家は頭が悪くてもなれる、は間違い。

こんにちは。

宮毬紗です。

 

先日、こんな仰天発言をする人に出会いました。

 

「画家になるには、勉強ができなくてもいいんですよね」

「私は頭が悪いので、画家ぐらいにしかなれません」

 

いえいえいえいえいえ。

ちょっと待ってください。

 

何の職業と比較したのかは分かりません。 

 

ですが、頭が悪くては、画家にはなれません。

自称・画家はなれるかもしれませんが、評価されて、ファンから愛される画家にはなれないんです。

 

画家同士が審査する公募展での評価は、ここでは別にしますね。

世間で評価されるということは、美術評論家やマーケットで評価されるということです。

 

ということはですよ。

評論家の先をいくほどの感性、知性を持ってなければいけないのです。

コレクターの思考を先読みして、こちらが戦略を立てられる頭脳が必要です。

 

でないと、評論家やコレクターの下僕的な存在にしかなりません。

 

彼らの顔色を見続けて制作する画家は、魅力的に見えますか?

そうではなくて、あなたの方が、彼らの先を行く気持ちでいてほしいのです。

なんでしたら、追いかけてもらってください(*^-^*)

 

画家だからこそ、勉強しまくってくださいね。

クリエイティブであるということは、大量に知識を持ち、いくらでも自在にアレンジできるということです。

 

 

そうそう、評論家を「あいつらは絵を描けないくせに、偉そうだ」なんて言っている人がいますが、聞き流していいですよ。

そういうことを言うのは、評論によって絵が幾度も生まれ変わるという、美しい経験をしたことがない人たちです。

 

言葉の力、貨幣の力で、絵を幾度も生まれ変わらせる人たちをリスペクトできる画家は、当然のことですが、彼らにとって無視出来ない存在になりますよ(*^-^*)

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

京町町家で学ぶ絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp

 

 

 

 

 

 

SNSで舞台裏を見せて白けさせていないか

こんにちは。

宮毬紗です。

 

 舞台裏を見せるというのは、良し悪しがあります。

 

舞台裏を見て、より熱狂するファンがいますね。

けれども一方で、舞台裏を見てしまい、白けてしまうファンもいます。

 

バレリーナや、フィギアスケート選手のドキュメンタリー番組があります。

あれも、実は選手たちのすべてを見せているのではありません。

好感度を持ってもらえるように、随所で演出がしてあります。

 

プロが編集を行っています。

 すべてを見せているようで、見せたい部分だけに集中させていく編集テクニックを使ってあるので、安心して感動できるのです。

 

何事も、すべてを見せてしまうと、大抵は白けるのです。

恋愛でもそうですね。

出会ったころと比べて、恋人のいろんなことが見えてくると、初期のトキメキは低下しますよね。

男性は特に、すべてを見たくないのです。

見えない部分に恋をし続けるのですから。

 

 

愛される画家であるあなたは、どんな舞台裏を見せると、より好感を持ってもらえるのか。

どこまで見せるのか。

見せなくていいものまで、さらけ出していないか。

それを見せることで得たいものは何なのか。

 

そういうことを意識して、SNSで発信してくださいね。

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

京町町家で学ぶ絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp