強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

自由な精神の画家が残る

こんにちは。 宮毬紗です。 先日、作家さんとの打ち合わせをしていて、ある新しい試みをすることになりました。 それをすることで、その画家さんも、さらに上のステージに進むでしょう。 打ち合わせをしていて、どんどんアイデアを出してもらえるのは嬉しい…

「悪くない絵」を卒業するために

こんにちは。 宮毬紗です。 画廊で絵を展示していると、「惜しいな」と思う絵があります。 色も悪くない。 モチーフも悪くない。 構図も悪くない。 でも動かない。 (動く=売れる) あとで印象にも残らない。 悪くない絵に多く共通するのは「強さ」の不足で…

落選続きの人は「それ」を言語化できない/限定記事

こんにちは。 宮毬紗です。 この記事は一晴画廊に出品作家さん用の限定公開です。 ただし、真面目に画家を目指している方に限り、公開しています。 この記事を読みたい方は、info@ichiharugallery.comに「記事を読みたい理由」を書いてメールしてくださいね…

感動する絵には、感動させる心がある。

こんにちは。 宮毬紗です。 このブログでは、技術的なことはあまり書いていません。 心構え、勉強の仕方を中心に書いています。 それはなぜでしょう。 絵画教室を四半世紀ほど続けてきて、ある事実に気がついたからです。 「絵はメンタルの成長と深く関わる…

デッサンの勉強は必要なのか

こんにちは。 宮毬紗です。 今日は絵画教室でもよく質問される、この問題がテーマです。 「画家になるためには、デッサンの勉強は必要なのか」 これはですね・・・・ 「デッサン」という形式を学ぶという意味では、必要ありません。 ここで言う「デッサン」…

たまには無理してみる

こんにちは。 宮毬紗です。 人は負荷がかかるときに成長します。 苦しみを乗り越えたとき、もがいた後などに、大きく成長しています。 安易で、不足感を覚えないものに対しては、成長しようという意欲を覚えません。 この言葉に、ハッとする人もいるはずです…

出品作家さん用記事:与えられたテーマを深める

こんにちは。 宮毬紗です。 企画展をお願いしている出品作家さんに向けた記事です。 展覧会のテーマが決まっている場合、それを自分の中でどこまで深めていけるのかで、展覧会の質が決まると言っても過言ではありません。 特に、少し難解なテーマをもらって…