読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛される画家になるための絵画教室

これから画家になりたい人必見!京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年、一晴画廊オーナー)のネットで学べる絵画教室

「ヌードを描く私を妻や娘が冷たい目で見ます」問題は美術の裸体画の問題にリンクしている(2)

こんにちは。 宮毬紗です。 この記事の続きです。 miyamarisa.hatenablog.com 「視る」 「視られる」 誰かを視る。 誰かに視られる。 この「視る」「視られる」という関係は、権力関係を示すものでもあるのですよね。 ちょっと怖い話になりますが、監獄を例…

「ヌードを描く私を妻や娘が冷たい目で見ます」問題は美術の裸体画の問題にリンクしている(1)

こんにちは。 宮毬紗です。 ヌード関係の記事が人気ですね(^▽^;) やはり、いろんな意味で興味がありますよね・・・。 大きく「ヌード」といっても、西洋、東洋で裸体の表現が違います。 同じアジアの中でも、裸体のどこに注目するか、国によって視点が…

無理に売り込まなくていいんです

こんばんは。 宮毬紗です。 グループ展をする画家さんから、こんな悩みを聞きました。 「押せ押せで売り込める人が羨ましいです・・・私はあそこまで押し売り出来ません」 気持ちはよく分かります(*^。^*) 男性のお客様に、ちょっと強引な感じで作品を買…

好きだけれど下手ということについて30年以上考えてきた(2)

こんにちは。 宮毬紗です。 やっとこの記事の続きを書きます(^▽^;) 大変お待たせしました・・・。 miyamarisa.hatenablog.com 美術高校の受験には水彩画とデッサンが必要だったのです。 そこで受験準備ために、有名な美術予備校へ行くことになります。 …

大勢の声援ではなくて、たった1人の声援でいい

こんにちは。 宮毬紗です。 古い資料を整理していました。 ふと、私を褒めてくれた記事を見つけました。 「多くの絵を見たなかでも、宮毬紗の絵が良かった」 見ず知らずの人からの絶賛が、私の心を長く支えてくれました。 何を伝えたいかというとですね・・…

絵の才能以前に大事なこと

こんにちは。 宮毬紗です。 伝えたいことがあるので連投します。 絵画教師歴四半世紀を越えそうな私は、絵が好きなあなたが大好きです。 心から応援したいと思っています。 だからこうして、ブログを書いています。 なのに! なのにですよ!!! こんな泣き…

自分を知ろう、それはあなたの絵に表れるから。

こんにちは。 宮毬紗です。 私は絵を描く人が大好きです。 あなたの想像を越えるくらい、かなり好きです(笑)。 この記事も早く続きを書こうと思いながら、何を書けば力になれるのかを考え続けています。 miyamarisa.hatenablog.com ちょっと待っててくださ…

気持ち良い絵を描く

こんにちは。 宮毬紗です。 先日、知っている画家さんの展覧会に行きました。 透明感のある緑色が美しい秀作を描かれていて、思わずため息をついてしまいました・・・。 私は美を感じる絵が大好きです。 色彩であったり、構成であったり。 心に響く色は、深…

公募展であと一押しするタイトルのつけ方

こんにちは。 宮毬紗です。 京都は雨です。 ソメイヨシノの桜は、これで散ってしまいそうです・・・。 あ、でも八重桜はまだ綺麗に咲いていますよ(*^▽^*) 円山公園の有名な枝垂れ桜は、今が満開です! さてさて。 今日はのテーマは「作品のタイトル」に…

出品作家さん用記事:我が身を守るために画廊で何を話すか

こんにちは。 宮毬紗です。 今日は出品作家さん用の記事です。 これから出品したいという方にも役立つと思いますので、ぜひ読んでくださいね。 よくある質問に答えていきます。 やはり多いのは、これ。 「画廊やギャラリーでお客様に何を話せばいいですか」 …

思いが伝わる構図の取り方/「好き」を伝える方法

こんにちは。 宮毬紗です。 しばらく出張中です。 京都はもう、桜の満開は終わったのでしょうか。 さて。 今日のテーマは構図の取り方です。 どれほど描きやすいモチーフやテーマを選んでも、構図次第で、描きやすさが変わってしまいます。 これを最初に知っ…

絵を無料でプレゼントしないでください、もしもあなたが画家になりたいのなら。

こんにちは。 宮毬紗です。 もう少し、お金に関する記事を続けます。 あなたが描き続けるために、とても大事なことなので。 私はあなたに、息長く、幸せな制作を続けてほしいと願っています。 真剣に。 なぜなら私が、画材代を捻出するのに苦労して、なかな…

描き続けるために、お金について考える。

こんにちは。 宮毬紗です。 絵を描き続けるには、お金が必要です。 材料費がかかります。 発表するためにも費用がかかりますね。 多くの人が制作をやめてしまう契機が、結婚したとき、子供ができたときです。 女性でしたら、親の介護が始まったときも含まれ…

やってしまいましたので、絵を無料で添削します。

こんにちは。 宮毬紗です。 さきほど、下書き保存したいのに、間違って記事を公開しました・・・。 やっちまったーーー!!! 更新のお知らせがいった皆様・・・こんな真夜中に本当に申し訳ありません! ということで、急遽なんか書かなきゃ!という情熱に突…

ちょっと強気はモテる/お客様との交渉のコツ

こんにちは。 宮毬紗です。 桜をスケッチしてきました。 そのあと、京都高島屋で、高島屋にゆかりのある美術工芸の展覧会を拝見しました。 遠縁の木島櫻谷の作品も発見。 今日で最終日でしたので、鑑賞できてよかった! さて。 今日は、個展を予定している人…

スケッチは「覚えるため」に描き、写真は「安心するため」に撮る。

こんにちは。 宮毬紗です。 京都は桜が満開です。 今日はこのあと、お花見に行く予定です。 京都の桜で有名なのは、八坂神社の垂れ桜です。 巨木の桜と篝火の構図で、多くの画家が描いています。 私もササッとスケッチしてきます。 さて。 今日は再び、「写…

嫉妬したときこそ貪欲になれ!

こんにちは。 宮毬紗です。 人を批判するのは簡単です。 楽なんです。 「こんな絵のどこがいいのか分からない」 「どうせ、コネか何か使っているんだろう」 胸の中の黒いものに反応した、反射的な考えを吐き出すのはストレス発散にもなりますね。 そういう時…

焦らないで明るくいきましょう

こんにちは。 宮毬紗です。 焦らないでいきましょう。 深呼吸してください。 あながた焦る必要は、まったくありません。 未来を見る力は、心が明るくなるように使いましょう。 今のあなたが足りないと感じるものは何かを、見極めてみましょう。 搬入までの時…

先生やファンを無理に追いかけない

こんにちは。 宮毬紗です。 人の気持ちには波があります。 急激に接近したり、なんとなく離れたり。 恋人や友達同士でもありますよね。 嫌いになった訳ではないけれど、なんとなく、今は距離を置きたいという時期が。 男性に多いかもしれません。 男性が音信…

出品作家さん用記事:画廊・ギャラリーに立つときの注意点(女性編)

こんにちは。 宮毬紗です。 出品作家さん用の記事です。 ですが、そうでない人にも参考になると思いますので、ぜひ読んでおいてください。 この記事の女性版です。 miyamarisa.hatenablog.com 女性の場合も、服装には気を遣いましょう。 豪華な服でなくて、…

モテる画家になる(男性編)

こんにちは。 宮毬紗です。 今日の京都は雨です。 雨のなかの桜も風情がありますなあ〜。 って呑気に言いつつも、明日からこんな浮世絵を展示します。 鈴木春信の春画です。 よければお花見ついでに春画をどうぞ。 さて。 今日は、昨日書いた、この記事の続…

出品作家さん用記事:画廊・ギャラリーに立つときの注意点(男性編)

こんにちは。 宮毬紗です。 出品作家さん用の記事です。 ギャラリートーク関連の話が続きましたので、その補足のような内容です。 miyamarisa.hatenablog.com 画廊やギャラリー、ギャラリートークなど、お客様の前に立つ時は、普段着はやめましょうね。 ちゃ…

才能よりも大事な「共感力」にこだわる

こんにちは。 宮毬紗です。 早速ですが。 こんなご指摘をいただきました。 「最近さぁーブログが出品作家さんの教育ブログになってない?」 ・・・。 ・・・。 ・・・バレタか。 はい、なってます。 愛情を込めて思いっきり教育したろう!と目論んでます。 …

徹底してこだわるものを武器にする

こんにちは。 宮毬紗です。 あなたの絵は、何によって覚えてもらっていますか? あなたの人間性ですか? 絵の特徴ですか? もしも。 あなたがこれからファンを増やしていきたいのなら、 「あなたは何によって人から記憶されているのか」 ということを、徹底…

あなたの生活は絵に出ます

こんにちは。 宮毬紗です。 昨日、近所の小学校の前を通ったら、桜が満開でした。 これから京都は観光シーズンに突入です。 桜はまだ、大きな絵では描いたことがありません。 あの儚さと、湿り気のあるボリューム感を表現するのは、まだまだ難しく感じます。…

何を丁寧にすべきかを選ぶ力を持ってください

こんにちは。 宮毬紗です。 ちょっと気になることがあります。 人間関係で、相手に丁寧に接することは、いいことです。 乱暴な人や、対応が雑な人と仕事をするのは、誰でも不安ですよね。 私は、受付の電話対応が良い歯医者さんや美粧室に行きます。 ただし…

「才能がないから諦める」という発想をやめる

こんにちは。 宮毬紗です。 私は御所の近くに住んでいますが、京都はまだ、それほど桜は咲いていないですね・・・。 部屋の中が、やっとストーブを手放せる暖かさになりました。 町家の暮らしは、最後まで寒いのです(笑)。 さて。 この記事が人気です。 mi…

出品作家さん用記事:ギャラリートークで何を話すか

こんにちは。 宮毬紗です。 この記事の続きです。 ギャラリートークで何を話せばいいのか、もう少し詳しく書きますね。 miyamarisa.hatenablog.com まず、想像してみてください。 あなたの絵を見に来ているお客様は、あなたの何を知りたいと思っているのか。…

梱包に作品への思いの強さを見る

こんにちは。 宮毬紗です。 その人が、どれほど自分の作品に本気で取り組んでいるのか。 梱包の丁寧さでも分かります。 それぞれ、意識の高さによって、梱包への気遣いが違います。 驚くほど違います。 梱包が丁寧な人は、キャプション作りも、額装の仕立て…

出品作家さん用記事:プロとして立ってください

こんにちは。 宮毬紗です。 このブログの記事は、一晴画廊に出品する作家さんにも読んでもらっています。 緊急に伝えたい話があるので、書いておきます。 大事なことですので、ちょっと厳しく、ビシビシいきますね。 懇親会やギャラリートークで、一般のお客…

読者相談室「才能のない自分は諦めた方がいいですか」

こんにちは。 宮毬紗です。 美大3回生の学生さんから、相談がありました。 「クラスのなかで、一番絵が下手です。将来は絵の仕事をしたいのですが、才能のない自分は諦めた方がいいですか」 端的に答えます。 諦めなくていいです。 「絵の仕事」といえども…

自分を育てる絵

こんにちは。 宮毬紗です。 画家さんと打ち合わせをしていました。 次の展覧会の内容を決めるのです。 私は画家さんを育てたいと願っています。 展覧会をやって「はい、お疲れ様」という姿勢ではありません。 ですので、その場その場で、販売するために描い…

赤の次は赤を塗ってください/<発色>のレッスン

こんにちは。 宮毬紗です。 画廊の庭の桃の木に、よくメジロが来ます。 たまに御手水で水浴びしていたり。 無表情ではしゃいでる小鳥って、ほんまに可愛い・・・。 (目が笑ってる小鳥は怖いと思う) さて。 今日は色の塗り方について、ちょっと気になること…

絵は作業の積み重ねである

こんにちは。 宮毬紗です。 今日、素晴らしい「あぶな絵」を手に入れました。 英泉のものです。 復刻版なので安価です。 早速、模写して遊びたいと目論んでいます。 英泉の復刻版の「あぶな絵」に興味のある方は画廊へ問い合わせてくださいね。 ほとんど私が…

どうしたら今すぐクリエイティブになれますか?の回答

こんにちは。 宮毬紗です。 最近読者が増えてきました。 いつも読んでくださってありがとうございます! これからも役立つ記事を書いていきますね。 リクエストがあれば教えてください(*^^*) 記事に回答を書いていきます。 さて。 今日のテーマは「クリ…

続・プレゼントの絵を描くときのポイント(タイトルについて)

こんにちは。 宮毬紗です。 こちらの記事の続きです。 miyamarisa.hatenablog.com 大事なことを書くのを忘れてました(^。^;) プレゼントの絵だけではなく、もしも画廊で個展をするときなどにも気をつけてほしいことです。 「タイトルにネガティブなイメ…

プレゼントの絵を描くときのポイント

こんにちは。 宮毬紗です。 絵画教室の生徒さんたちの流行は、「プレゼントにする絵を描く」です。 絵を習っていると、完成した絵を玄関や応接間に飾ります。 するとお友達の中に必ず、こんな嬉しいことを言ってくれる人があるのです。 「いいわねー、この絵…

それを描いたのは誰?

こんにちは。 宮毬紗です。 明治時代の日本画家・木島桃村の日本画の調査を続けています。 新しい絵が出てきました。 ですがまだ、桃村が描いたのかは分かりません。 署名も落款もありません。 これから、写生帳や縮図帳の中に似たような絵が無いか、もしく…

子育てをしながら絵を描いているあなたへ

こんにちは。 宮毬紗です。 今日の記事は、子育てをしながら絵を描いている人へのメッセージです。 画廊では、子供のいる作家さんとも仕事をします。 いろんな思いを抱えながらも、懸命に仕事をしている人ばかりです。 これから何度でも、励ましのメッセージ…

画家も政治経済の本を読んでほしい理由

こんにちは。 宮毬紗です。 連休が終わりましたね。 絵は描けましたか? ちなみに読書はしましたか? この記事に、読書をした方がいい理由を書いています。 miyamarisa.hatenablog.com 画家になりたいのなら、一冊でも多くの本を読んでくださいね。 ノンフィ…

続・誰に作品を持ってもらうのか

こんにちは。 宮毬紗です。 この記事の続きを書きたくなりました。 miyamarisa.hatenablog.com あなたは、あなたの作品を、どんな人が買うのか考えたことはありますか? 年齢のいった人? 若い人? お金持ち? 年収はどれくらい? どんな仕事をしている人? …

作品を誰に持ってもらうのか。

こんにちは。 宮毬紗です。 私は画廊のオーナーもやっていますが、現役の画家でもあります。 miyamarisa.hatenablog.com もう30年ほど、日本画を描き続けています。 ですので、作品を販売するときは、こんなことを考えます。 「幸せな場所へ、作品を手渡した…

誰からも愛されない画家はいません。

こんちは。 宮毬紗です。 この記事が人気です。 miyamarisa.hatenablog.com 嬉しいです。 あなたに毎日でも、「売れたい、目立ちたい、愛されたい」と確認してほしいと願っています。 はい、これは今日から禁句ですよ。 「どうせ売れない」 「どうせ才能ない…

絵も人間も、中身でしょう。

こんにちは。 宮毬紗です。 これまでの人生、15歳から毎年野外スケッチを繰り返してきたので、お肌のシミが気になります。 毎日クリームでケアしております。 いま、ヌリヌリし終わりました。 最近は画家もビジュアルが大事だそうですので、空気感に便乗して…

私が高校生の頃から最高級の絵の具を使っていた理由

こんにちは。 宮毬紗です。 ヘッドフォンを買ったのですが、使い心地が悪いです。 というのも、以前買ったものよりは、2,000円ほど安いのを買いました。 そこまで音質に拘っていないので・・・。 付け心地がイマイチです。 買い直します。 「価格には意味が…

「売れたい、目立ちたい、愛されたい」でいいんです。

こんにちは。 宮毬紗です。 今日は、この記事の続きみたいな感じです。 miyamarisa.hatenablog.com あなたは、 「目立ちたい」「評価されたい」「売れたい」「受賞したい」 って思ったことはないですか? 私はいつも思っています(笑)。 ほぼ毎日。 売れた…

自分の軸で生きる

こんにちは。 宮毬紗です。 私は子育ても「褒めて育てる」派です。 褒めまくったら、すくすく頭脳が育って、今は好きなことをして豊かな生活を楽しむ女性になりました。 私は褒めることが大好きです。 「お〜、こんな良いところがある!」と、その人の美点を…

絵を途中で投げ出していいのか?問題

こんにちは。 宮毬紗です。 最近、パック入りのジュースを買い込んでいます。 野菜ジュースとか、調整豆乳とか、ブルーベリー酢とか。 制作の合間に飲むのには、とても便利です。 なぜって、筆洗と間違えて、お湯のみで筆を洗わないから・・・。 たまにやっ…

それ、本当に無理なとこですか?

こんにちは。 宮毬紗です。 ある人に、こんなことを言われたことがあります。 「画廊経営と作家活動を両立するなんて、絶対に無理だ」 何人かに言われましたね(笑)。 こういうことを言う人の特徴として、私のことをあまり知らない人が多いのです。 私と親…

絵で目立つということ/実践編

こんにちは。 宮毬紗です。 やりたいことがありすぎて、寝るのがもったいない性格なので、ほぼ毎日寝落ちします。 昨日はパソコンと、仲良く添い寝していました。 いつ寝たのかは、開いている画面で確認。 という日々を送るなかで、このブログで書きたいこと…