強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

画家の恋バナ・寂しくて仕方ありません。

こんにちは。 宮毬紗です。 ひそかに人気の画家の恋バナです(*^-^*) 記事をアップすると「恋バナ出たね!」とハイテンションな反応をいただきます(笑)。 さて今日は、重要な話です。 この心理状態ゆえに、ダメダメな恋愛にハマってしまう人は多いです…

衝動を我慢できる人が手にするもの

こんにちは。 宮毬紗です。 限定記事で、セルフ・プロデュースをした上で必要な戦略をお伝えしました。 miyamarisa.hatenablog.com その記事の続きのような内容です。 戦略を決めたら、それをどんなことがあっても実行する意志が必要になってきます。 周りの…

限定公開記事/セルフ・プロデュースをするだけでは成功しない理由

こんにちは。 宮毬紗です。 この記事は、一晴画廊出品作家さんと、真剣に作家活動をされている方、もしくは画家志望の方への限定公開記事です。 「セルフ・プロデュースをしたけれども、でも結果につながっていない。どうしても読みたい!」という方にのみ公…

信頼か、目先の利益か。

こんにちは。 宮毬紗です。 画家と画廊、両方の仕事で気をつけていることがあります。 それは、こういう言葉が出ないかどうかです。 「このくらい手を抜いても、結果は変わらないよね」 「このくらいやらなくても、誰にも分からないよね」 自分も人も、甘く…

大ヒットを飛ばすには戦略的シンデレラを目指せ!(5)

こんにちは。 宮毬紗です。 やっと最終話まできました〜(*^-^*) この記事の続きです。 miyamarisa.hatenablog.com さて、最後の質問はこれでした。 ひとりの王子様を狙いますか? それとも、何人もの王子様から選びますか? あなたの答えは、どうでした…

成功する画家は奔放ですか?な質問

こんにちは。 宮毬紗です。 こんな質問をいただきました。 「成功している画家は、生活も恋愛も乱れていそうです。真面目な性格では成功できないのでしょうか?」 ど、どこで、そんな情報を・・・(笑)。 規則正しい生活の画家さんも、奥様一筋の画家さんも…

女の魅力では絵が売れなくなる、という問題。

こんにちは。 宮毬紗です。 女性の画家さんのなかには、こんな心配をしている人がいます。 「年齢がいくと、絵が売れなくなりそうです」 「若い女性の画家しか、たくさん買ってもらえないですよね」 まあ・・・その心配は分からないでもありません。 実際に…

自信と傲慢の違い

こんにちは。 宮毬紗です。 私は常日頃から「自分の能力に自信を持ってくださいね」と伝えています。 あなたの存在そのものに、自信を持っていいですね。 あなたは、この世界を良くするために生きている、素晴らしい存在なのですから。 すると、こんな質問を…

大ヒットを飛ばすには戦略的シンデレラを目指せ!(4)

こんにちは。 宮毬紗です。 この記事の続きです。 ついに、シリーズ4まで来てしまいました(*^-^*) miyamarisa.hatenablog.com ここまで書きましたね。 大急ぎで駆け下りながら、あなたは気づきます。 「おっと、これをしなければ!」 さて、「おっと、…

大ヒットを飛ばすには戦略的シンデレラを目指せ!(3)

こんにちは。 宮毬紗です。 お待たせしました。 この記事の続きです(*^-^*) miyamarisa.hatenablog.com 大勢の視線が集まるプレッシャーのなかで、あなたはどうすればいいのか、考えられましたか? どんな準備をしておけばいいでしょう。 では。 正解は…

こんな人を手放すな!/あなたの「〜をやらせたら右に出る者はいない」を教えてくれる人

こんにちは。 宮毬紗です。 私は「絵の世界ってこんなに面白いよ!」と語らせると、右に出る者はいないと思っています(*^-^*) 絵画のディスクリプションから美術館の紹介まで、あらゆる「芸術って楽しいんだよ」と紹介する言葉を、日々探しています。 良…

拘るべきものの探し方

こんにちは。 宮毬紗です。 私の曽祖父は、染色の仕事をしていました。 職人ではなく、マネジメントです。 経営に携わっていました。 千總という、老舗の呉服商で支配人をしていた曽祖父は、美術が相当好きだったようで、様々な「美しいもの」を集めていまし…

絵のことばかり考える人は騙されない

こんにちは。 宮毬紗です。 ほぼ毎日ブログを書いています。 書けない日もあるので、書けるときには1日に数本の記事を書きます。 そのくらい、伝えたいことがあるのです。 毎日毎日、絵のこと、画廊のこと、芸術のことなどを考えているので、どんどん伝えた…

あなたの絵を買った方がいい理由はなんでしょう?解答編

こんにちは。 宮毬紗です。 京都では祇園祭の宵山が始まりました。 粽も新しくして、無病息災を祈ります。 さて。 お待たせしました。 この記事の解答編です。 miyamarisa.hatenablog.com どんな理由が思いつきましたか? たくさん出てきた人、迷いに迷った…

一流のものを見続ける人が成功する理由

こんにちは。 宮毬紗です。 お願いがあります。 あなたが成功するために、これを約束してほしいのです。 「一流のものに触れ続ける」 絵画でも、文学でも、哲学でも、絵の具でも、なんでもいいです。 あなたのクリエイティブな活動のコアになるものは、一流…

あなたの絵を買った方がいい理由は何でしょう?

こんにちは。 宮毬紗です。 あなたがお客様を説得して、絵を買わせることはできません。 そんなことは、しないほうがいいですね。 お客様は、自分の意思を持っています。 強制的に絵を買わせることは、セールステクニックを使えばできるのかもしれません。 …

展覧会の勝負は一朝一夕に作れないもので決まる

こんにちは。 宮毬紗です。 京都は雨が降ったり、止んだり・・・蒸しています。 まだまだこれから、蒸し暑さ本番ですが、すでにグッタリです(笑)。 でも庭の紫陽花は、いきいきしています! 花を見ると、気分が良くなりますね。 来年の秋、企画展出品作家…

大ヒットを飛ばすには戦略的シンデレラを目指せ!(2)

こんにちは。 宮毬紗です。 この記事の続きを書きますね。 miyamarisa.hatenablog.com サポーターという、魔法使いがやってきたところからですね。 シンデレラは魔法でドレスを着せてもらいました。 きれいにドレスを着られるためには、普段からのボディケア…

8月に中谷彰宏さんと共に京都をご案内します

こんにちは。 宮毬紗です。 告知の記事です。 8月27日(日)に、中谷彰宏さん主催の中谷塾にて、私も京都案内のお手伝いをさせていただきます。 塾に来ることで、人脈が広がる。(【大阪校ワークショップ・大人の遠足塾】京都・清水編) | 中谷彰宏公式サイ…

画家の恋バナ・あなたは、そんなに簡単なのですか?

こんにちは。 宮毬紗です。 あなたの心に、聞いてほしいことがあります。 あなたの「好き」という気持ちは、そんなに簡単に生まれてしまうものなのですか? 絵が上手いとか。 絵を手伝ってくれたとか。 次々と入賞しているからだとか。 大学の先生だからとか…

大ヒットを飛ばすには戦略的シンデレラを目指せ!(1)

こんにちは。 宮毬紗です。 強烈に愛される画家になるあなたがお手本とする物語は、「シンデレラ」です。 最初からお姫様で生まれる「眠れる森の美女」ではありません。 シンデレラの物語は、女性が大ヒットを飛ばすための成功のノウハウが詰まっています。 …

売れたら描きます、と言ってしまう人

こんにちは。 宮毬紗です。 ある、画家志望の人に出会いました。 私はその人に、 「今年は、どのくらいのペースで制作していますか?」 と聞いてみました。 制作ペースは、企画展の予定をたてるときに大切な情報になります。 ところが・・・。 「今年になっ…

「売れそうな絵を描く努力」ではなく「売る」ことに努力する

こんにちは。 宮毬紗です。 何度もでも言いますが、売れそうな絵は描かなくていいです。 こんな考えは、今日限り捨ててください。 「牡丹の花の絵は売れそうだから、描いてみようか」 「もっと花の数を増やせば、売れそうかな」 牡丹の花に感動するから、そ…

セルフ・プロデュースの基礎(3)あなたの「売り」を30秒で説明できますか?

こんにちは。 宮毬紗です。 あたなは、魅力的な自己紹介ができていますか? パーティーやギャラリーでお客様と出会ったとき、自分の魅力を伝えられていますか? 人の印象は、最初に出会った40秒ほどで決まると言われています。 その時間内に、あなたの魅力を…

あなたへのメッセージ:遠くで支えてくれる人

人の縁とは、不思議なものです。 近くにいて、ずっと支えてくれる人がいます。 一方で、遠くにいて、見えない場所で支えてくれる人がいます。 私にも、苦しい時期を支えてくれた大事な人がいます。 いまは連絡を取っていないのですが、もしも私がピンチにな…

売れている画家さんは「売れるための方法論」を知ることに貪欲です

こんにちは。 宮毬紗です。 売れている画家さんとお話ししていると、ある特徴があります。 「すでに結果が出ているものを土台にして、新しいものにチャレンジする」 売れた経験、すなわち成功体験をプロファイルして再現しようとします。 その上に、新しいチ…

画家の恋バナ・彼が私の気持ちを分かってくれません

こんにちは。 宮毬紗です。 地味に、コツコツ需要のある画家の恋バナです。 まあ恋愛の問題は、どんな職業でも起こりますからね! 悩みはサクサク解決して、スカッと制作しちゃいましょう! 画家の職場恋愛、同業者同士のカップルは、そう珍しくありません。…

狐にも狸にも

こんにちは。 宮毬紗です。 作家さんにギャラリーに立ってもらうとき、こんな注意をしています。 「アトリエで制作しているような、巣のままのメンタリティーでは、画廊に立たないでください。作家という仕事をしている自覚を持っていてください」 <ありの…

あなたへのメッセージ:他人と比較して焦っているあなたへ

暑くなってきましたね。 京都は快晴です。 最近は、どうですか? 少し苦しい時期が続いているようですね。 でもあなたを見ている限り、あなたらしく成功していける道を、一歩ずつ歩んでいっていますよ。 安心していいです。 この調子で、教養と心の力を磨い…

セルフ・プロデュースの基本(2)

こんにちは。 宮毬紗です。 この記事の続きです。 miyamarisa.hatenablog.com あなたには、足りないものはありません。 欠落しているものはないのです。 「あれが足りない」「これが無い」と、欠落していると感じるものを追い求めてしまうと、それをファンの…

売れっ子の彼女の努力

こんにちは。 宮毬紗です。 作品を出すと、気持ちいいほど売れていく画家さんがいます。 彼女の努力の方法を見ているので、「当然だな」と感じます。 努力の方向が正しいので、努力すればするほと、売れっ子になっていくのです。 彼女は、自分の作品をどんな…

3人の女性画家による『老子』への新しい試みのブログをアップしました!

こんにちは。 宮毬紗です。 本日、予告していたブログをアップしました! ichiharugallery.hatenadiary.jp 3人で、タイトルから「あーでもない」「こーでもない」と試行錯誤しつつ、なんとかアップできるところに漕ぎ着けました! やっとスタートできました…

画家の恋バナ・極端思考の相手とは距離を置く

こんにちは。 宮毬紗です。 世の中には、あまり近寄ってはいけない人たちがいます。 それは極端思考の人です。 こういうことを口に出す人の多くが、極端思考です。 「すべてを失っても、〜さえあればいい」 「体ひとつあれば、あとはゼロになってもいい」 シ…

破綻しない愛され方を身につける

こんにちは。 宮毬紗です。 昨日、こんな記事を書きました。 miyamarisa.hatenablog.com さっそく反応がありました。 「なぜ今さらセルフ・プロデュースの<基礎>なのですか?」 「もっと戦力になるコツを教えてください」 いえいえいえ・・・(^-^;) 焦…

セルフ・プロデュースの基本(1)

こんにちは。 宮毬紗です。 ファンに強烈に愛される画家は、セルフ・プロデュースが上手です。 自分の見せ方ですね。 自分の本質は変えないで、すでに持っている良い部分を強調することができています。 一方で、ファンに愛されるということを間違って捉えて…

7月7日七夕より、一晴画廊企画展での新しい試みブログをスタートします。

こんにちは。 宮毬紗です。 7月7日の七夕の日から、別のサイトで、こんなタイトルのブログをスタートさせます。 道-Tao-を描く 〜『老子』を詠む女性画家たちの講読会〜 *7月7日(金)から公開です これは、一晴画廊企画展 『老子』道-Tao-を描く(仮)…

画廊・ギャラリーに人を紹介するマナー

こんにちは。 宮毬紗です。 びっくりすることがありました。 企画展を考えていた、ある若い女性の作家さんのことです。 彼女に「お話したいことがあるので、一度画廊にいらしてください」と伝えました。 彼女とはそれまでに、数回会ったことがあります。 制…

やりきっていますか?

こんにちは。 宮毬紗です。 いま出せるものは、いま出す習慣をつけましょう。 アイデアも、作品も、勇気も。 「いつか」ではなく「いま」が大事です。 いますることで、あなたの運気の流れが変わっていきのです。 運気の流れを滞らせないように意識するのは…

モテる男性作家になる/ギャラリーでの注意!匂いでダメにしない

こんにちは。 宮毬紗です。 私の大好きな奈良巧さんの、こんな本が出版されます。 におわない人の習慣: 最新版 加齢臭読本 作者: 奈良巧 出版社/メーカー: 草思社 発売日: 2017/07/13 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 加齢臭対策の本は、男性作…

それでなければ、いけませんか?

こんにちは。 宮毬紗です。 惜しい人がいます。 全体的に、悪くはないのです。 まったく売れないわけではないですし、そこそこ公募展などでの評価も受けています。 でも、いつまでも売れ方が「そこそこ」なのです。 そういう人は、一度自分の「ここに拘りが…

たったひとつの、小さなことから成功が始まります

こんにちは。 宮毬紗です。 京都は今日も雨です。 祇園祭りの頃になると、「コンコンコキチ、コンチキチ」とのお囃子の音と、雷の音が、町の中に響きます。 祇園祭りの思い出は、雨とセットになっています。 今日は、いつも懇意にしてくださる美術コレクター…

売れない画家の考え方、売れる画家の考え方

こんにちは。 宮毬紗です。 絵が売れない画家は、こんなことを考えています。 「誰でもいいから、作品を買ってくれないかな」 自分が描いた作品を持ってくれる人は、誰でもいいんです。 売れてくれさえすれば、お客様が家に持ち帰ったあとで、すぐに倉庫に入…

買って欲しいけれど、買って欲しくない作品が売れる

こんにちは。 宮毬紗です。 「この作品、売れ残ってもどうしようもないし、誰かに買ってほしいなあ」と思う作品は、売れません。 「この作品、買ってほしいけれど、でも自分で持っていたいな」と惜しくなる作品が、真っ先に売れます。 真っ先に売れるのは、…

ファンになってしまう思考回路を身につけよう

こんにちは。 宮毬紗です。 「これまで作品が売れなかったのは、考え方が違っていたのだと気がつきました。記事を繰り返し読んでいます」というようなメールをいただきました。 気がついてくださって、嬉しいです(*^-^*) ファンから強烈に愛されるのには…

画家の恋バナ・やっぱり美人は得ですか

こんにちは。 宮毬紗です。 久しぶりの画家の恋バナです(*^-^*) 恋愛は絵のテーマにもよく描かれます。 ですので、現代の資料も恋愛指南も含めて、男女の恋愛の心模様を調べまくっています。 さて今日は、とんでもなくストレートな質問に答えます(笑)…

買ってもらえなかった時の態度

こんにちは。 宮毬紗です。 お客様に作品を買っていただけると、嬉しいですね。 自分の魂を込めた作品を持っていただくことは、画家にとって、これほど幸せなことはないですね。 でも、こんな時もありませんか? 「買おうと思ったけれど、やっぱりやめます」…

続々・絵の値段について/安くし過ぎてしまうとき

こんにちは。 宮毬紗です。 画廊でも、値段を決めるときに、こんな傾向が多いです。 「絵の値段を、最初の提案よりも安く設定する」 これはやめましょう。 間違った値段の決め方です。 「こんな値段で売れるかな?」 「もっと下げないと、誰も買ってもらえな…

匿名での活動には気をつけて!

こんにちは。 宮毬紗です。 今日は注意喚起の記事です。 匿名を使っての、インターネットでの活動についてです。 あなたのペンネーム・雅号のことではありませんよ。 最近では、作家名をインターネットで検索されるお客様が増えています。 作家名だけではな…

今やるべき2つのこと

こんにちは。 宮毬紗です。 絵を描き始めた最初から、勝手に誰かから愛されている画家はいません。 みんな同じように、最初は無名で、誰にも知られていないところからのスタートです。 もちろん親が有名人だったり、別のジャンルの何かで、広く知られている…

売れなくなっても絵の価格は下げない

こんにちは。 宮毬紗です。 絵が売れなくなったからと、これまでよりも価格を下げる画家さんがいます。 価格を下げて、これまでと同じ枚数を売ろうとするのです。 でもこの方法だと、絵を持ってくれるお客様の層が変わります。 「安いから買おう」 そういう…