読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛される画家になるための絵画教室

これから画家になりたい人必見!京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年、一晴画廊オーナー)のネットで学べる絵画教室

タワシか、じゃがいもか。

こんにちは。

宮毬紗です。

 

絵画教室をしていると、何度も耳にする言葉があります。

 

「デッサンを勉強していないから、私は絵が下手なんですよね」

 

どう思いますか?

 

少しでも疑問を持ったあなたは、センスがあります。

 

よく考えてください。

 

デッサンができていれば、上手い絵なのでしょうか?

 

たしかに、デッサンの勉強をしていると、モチーフ(描く物)の形を正確に書き写すことはできますね。

犬を描いて「それ猫?」と聞かれることはありません。

 

ちなみに…

 

私が絵画初心者のときは、じゃがいもを描いて、母に「それ、タワシ?」と聞かれたことがあります。

 

中学生でした。

美術予備校へ通う前で、まったくの自己流で描いていました。

 

これはですね。

 

「私も下手でした」という話ではないのです。

 

逆です。

 

上手いんです。

いま見ると、すごくいい感じ絵なのです。

 

悩みまくった筆あとが、なんともいえない味わいなのです。

 

タワシであろうが、じゃがいもであろうが、いい感じなんです。

 

おそらく…。

 

「これを描きたい」という情熱を、渾身の力をこめて絵の具にのせていたからです。

 

そうなると、デッサンの上手い下手は関係なくなりますね。

 

あなたは、どんな気持ちで描いていますか?

デッサンの上手い下手に気を取られずに、心を込めて描いてくださいね。