強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

やりすぎてください

こんにちは。

宮毬紗です。

 

映画やドラマに出てくる画家は、エキセントリックな人格に描かれることが多いですね。

 

奇行が強調されます。

 

ゴッホは耳を切り落としました。

私はルネサンスの画家が好きですが、ミケランジェロシスティーナ礼拝堂の壁画への執念は、狂人的と言えるかもしれません。

 

あなたは、どうですか?

平凡で、どこにでもある人生を生きていると思っていませんか?

 

でもですね。

 

絵を描き続けられるということは、そんなに簡単なことではありません。

  

私は、行き過ぎるほど何かに没頭できる人は、魅力的に思えます。

 

「同じ花しか描けません」

 

いいですね。

 

「納得する赤色が出なくて、1年間悩んでいます」

 

誰よりも「赤色」に悩み続けてください。

 

それが傑出するエッセンスになっていきます。

 

あなたの変人ぶりを追求してみてください。

 

誰にも真似できない、感動的な絵が生まれると思います。