強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

目が肥えて困っています

こんにちは。

宮毬紗です。

 

絵画教室で、ため息と共に、こんな言葉を耳にします。

 

「目だけが肥えて、自分の絵がみすぼらしくみえる」

 

目が肥えたのに、腕がついてこないということですね。

 

よくわかります。

 

私もそうでした。

 

私はダ・ヴィンチクロッキーターナーの水彩画、竹内栖鳳水墨画などが好きです。

 

好きな絵は模写をしますので、わりと細部まで覚えているのです。

 

するとですね。

 

自分の絵を描いたときに、がっかりします。

 

どうしようもなく下手に感じるのです。

 

彼らと自分の絵を比べて、イジけた心で絵をいじり過ぎると、さらに見るも無残な筆致になってきます。

 

絵は心の鏡と言ったのは、上村松園でしたっけ。

 

その通りですね。

 

心の状態は、そのまま出るようです。

 

 

この解決方法はですね…

 

意外と簡単です。

 

もっと目を肥やすことです。

 

実は、あなたの目は、まだまだ肥えていなんです。

 

まだまだです。

 

ぜんぜん足りていません。

 

それは目が肥えているのではないのです。

 

「比較材料を多く知った」ということなのです。

 

あなたの思考を、けなしているのではありませんよ。

 

比較材料を多く知ったあとで、それらに感じたエッセンスを、自分のなかへ落とし込んでいくことが次の段階です。

 

これは大事な話ですから、また続きを書きますね。

 

 

 

 

 絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

 

画廊はこちら 

ichiharugallery.hateblo.jp