強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

描き続ける人になる

 こんにちは。

宮毬紗です。

 

日曜日ですね。

私は画廊で仕事中です。

 

お近くにいらしたら、声をかけてくださいね。

 

では早速、昨日のお話の続きです。

 

miyamarisa.hatenablog.com

 

この「目が肥えて困る」という状態は、絵画教室の生徒さんの嘆きでした。

 

多くの作品を見た経験から、それらと自分の作品を比較してしまうのです。

 

これはですね。

 

何を比較材料にしているのかを、よく考えないといけません。

 

デッサン力ですか?

 

色彩感覚ですか?

 

心へ訴える力でしょうか?

 

 

おっと。

 

こんな質問が出てきそうですね。

 

「絵を見るのに、そんなこととを考えなければいけないのですか?」

  

「心で感じたままに見ればいいんじゃないですか?」

 

それでもいいです。

 

あなたが鑑賞者であり続けるのならば。

 

鑑賞するだけでしたら、それで構いません。

 

感じるだけで、言語化しなくても、何も問題ありません。

 

 

でもですね。

 

あなたは、描き続ける人なのです。

  

創作者です。

 

リエーターです。

 

趣味であろうが、まだ描き始めて3日目であろうが、関係ありません。

 

自分がクリエーターだと決めていいんです。

 

人に「自分って、作る人ですか?」と聞いて、決めるのではありませんよ。

 

大事なことは、自分で決めるのです。

 

 

そして、次が大事です。

 

決められたら、誰かに伝えてください。

 

「私、ずっと作り続けるから」

 

覚悟を外へ発信する勇気を持ってください。

 

あなたの心を、外へ向けて言葉で表現するのです。

 

言葉を外に出すことで、絵が変わっていきます。

 

言葉と絵は、連動しています。

 

 

まだ続きますよ。

 

後ほど書きますね。

 

 

 

絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

 

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp