読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛される画家になるための絵画教室

これから画家になりたい人必見!京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年、一晴画廊オーナー)のネットで学べる絵画教室

絵は見せ方で変わります(2)

こんにちは。

宮毬紗です。

 

昨日の記事の続きです。

miyamarisa.hatenablog.com

 

この記事で、「額縁は絵の一部だという意識を持ってください」と言いました。

 

これがですね、なかなか持てないのです。

 

「額縁は絵のおまけ」

 

こう考える人は、けっこういます。

 

絵が仕上がったあとに、こんな感じで。

 

「そういえば、以前に買った額縁があったな。少し派手(地味)だけれど、サイズは合っているし、あれに入れて飾ればいいか」

 

私はやってしまいます。

 

経済的ですしね。

 

「額縁ばっかり増えてもなあ」って思います。

 

 

でもですね。

 

よーーーーーく考えてみてください。

 

額縁の中身の絵には、魂を込めまくっているのです。

 

その絵とワンセットで飾られるものに、「まあ、これでいいや」と妥協するのは、どうなのでしょう。

 

よくないです。

 

絵にも心にもよくないです。

 

例えばですよ。

 

ピアノの発表会で、心を込めて弾いた曲の最後の最後で、

 

「まあ、ここまでは上手く弾けているから、最後はチャチャっと弾けばいいか」

 

と、いきなり音程を崩しまくるようなものです。

 

額縁に入れて展示するところまで、魂を込めてください。

 

あなたの大切な絵です。

 

それを、いい加減に扱うことは、あなた自身をいい加減に扱っているのと同じだという感覚を持ってくださいね。

 

 

そういえば。

 

過去に生徒さんから、こんな質問がありました。

 

「でも美術館には、額縁に入っていない作品もありますよね?」

 

はい、あります。

 

ギャラリーの展示でも増えました。

 

現代アートでは、額縁をつけない展示方法もありますが、あれには「つけない理由」があります。

 

大雑把にいえば、それまでの「絵画には額縁をつける」という慣例を批判した時代から始まります。

 

でもですね。

 

あなたが額縁をつけない理由が、「めんどくさいから」「額を買えなかったから」で、絵画性に属していない場合は、やはり変に見えます。

 

この違いを意識できるかどうかでも、展示が変わってきます。

 

 

このテーマ、まだ続けますね。

 

 

続きはこちら 

miyamarisa.hatenablog.com

 

絵画教室はこちらから

ichiharugallery.hatenablog.com

 

画廊はこちらから

ichiharugallery.hateblo.jp