読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛される画家になるための絵画教室

これから画家になりたい人必見!京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年、一晴画廊オーナー)のネットで学べる絵画教室

手で気づく

f:id:ichiharugallery:20170206162200j:plain

 

こんにちは。

宮毬紗です。

 

京都は雨です。

静かな部屋で雨音を聞きながら書いています。

 

今日は体が少し怠いです。

ブログを書くのを、お休みしようかなと思いました。

 

でも書いています(笑)。

毎日書くと決めたので、よほどのことがない限り、書き続けます。

 

絵も同じです。

毎日描くと決めているので、何かしら描いています。

 

日本画のときもありますし、イラストやスケッチのときもあります。

体調が優れないときは、準備が簡単なものがいいですね。

 

あなたは、どうですか?

毎日描いていますか?

 

描きたくない気分のときもあるでしょう。

準備をする気力のないときも、あるかもしれませんね。

 

絵を見るのも嫌なときは、私もありました。

 

でもですね。

 

毎日描いてください。

 

ご飯を食べるように、歯を磨くように、描くことを生活習慣の一部にしてしまいましょう。

 

この効果は、後々に「すごい」と実感できるはずです。

 

これはプロも同じですが、毎日描くことで、何かしらの「気づき」を得てきます。

 

手を動かすことで、

「紫を塗ったはずなのに、画面の中ではグレーに見える」

「同じ色の絵の具を2回塗ると発色がハッキリする」

など、空想の中だけで絵の構成を考えていくだけでは分からない、リアルな気づきを得られます。

 

手を動かすことでしか、分からないことは多くあります。

 

実際に「使える技法」を一つ一つ知っていくことが、感動的な絵を描くとき、思うように画面を仕上げる武器になっていくのです。

 

武器はひとつでも多いほうがいいですね。

頭の中にだけある武器ではなく、手で使えるものにしましょう。

 

今日も描いてくださいね。

私も描きます。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ アトリエ・スタジオへ
にほんブログ村

絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp