強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

褒めてくれる相手は素人でもいいんですか

f:id:ichiharugallery:20140919105230j:plain

こんにちは。

宮毬紗です。

 

昨日は、「褒められまくられたので画家になれました」という記事を書きました。

miyamarisa.hatenablog.com

 

家族から褒められ続けて、画家になれました。

「念ずれば花開く」ではありませんが、褒められ続けて花開きました。

 

褒めてもらう相手は、彼氏でも、夫でも、妻でも、友達でも、心を許せる相手でしたら、どんな人でもいいんです。

立派な画家に褒めてもらう必要はありません。

 

もちろん、有名人に褒めてもらえれば自信にはなるでしょうけれど、絶対に必要なわけではないのです。

 

しかも。

褒める内容に対する根拠もいらなんです。

 

絵に詳しいとか、才能を見抜く力があるとか、褒めてくれる相手にそんな前提は、まったくいりません。

 

 

と言えば、こんな声が聞こえてきそうです。

 

「家族は、まったくの素人です。素人に褒められても、嬉しくともなんともありません」

 

間違ってます。

 

もう大きく間違っています。

 

「素人に褒められても」

 

ここです。

 

「素人に褒められてこそ嬉しい」の間違いです。

 

 

よーーーーく考えてください。

 

おかしいと思いませんか?

どう考えても、おかしいんです。

 

はい、ここからあなたの妄想タイムに入りますよ。

 

あなたの絵の展覧会を見に、大きな美術館の前に大勢の人が並んでいるところを想像してください。

 

新聞にも載りました。

CMも流れました。

TVや雑誌の取材も受けたので、いろんな人が見に来ています。

 

それは、どんな人たちですか?

 

絵の好きな人たちは、もちろんいます。

 

でも、新聞で広告を見て、なんとなく来てみた人もいます。

絵には興味がないけれど、友達について来た人もいます。

 

その人たちは、絵のプロですか?

 

違いますよね。

プロもいるでしょうけれど、あなたの絵を見にくるのは、大半は素人のはずです。

 

 

はい、そこでもう一度、この言葉を考えてみてください。

 

「絵の分からない素人に褒められても」

 

もう分かりますよね。

 

あなたの絵を将来見に来て、ファンになるはずの人は素人なのです。

 

ここは大事なところなので、さらに説明していきます。

 

「あなたの絵を褒めてくれる、絵の分からない素人」

 

それがファンの正体です。

 

「絵のことは、よくは分からないけれど、でもなんとなく、この人の絵は好きだわー」

 

あなたは、絵の分からない素人に、こう言わせなければいけません。

 

絵に関心のない人に褒められる。

それが、あなたの目指すことなのです。

 

人気作家になるということは、絵の素人でありながら、無条件にあなたを「褒めてくれる人」を増やし続けるということなのです。

 

あなたは人気作家までは目指していないかもしれません。

けれど、ひとりぼっちで、誰にも認められずに描き続けたいわけではありませんよね?

 

 

どうですか。

褒められることの意味を、理解できてきたでしょうか。

 

「素人に褒められる」ということの重要性を理解できると、絵の見え方も変わってきます。

 

ということで、今日も褒められてください。

褒められることで、どんどん力がついてきます。

 

このブログを読んでいるあなたは、もうすでに素晴らしい可能性に満ちた未来しか待っていないのです。

 

これからもどんどん、あなたを褒め続けます。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ アトリエ・スタジオへ
にほんブログ村

 にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

にほんブログ村 

にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村

 

絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

 

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp