強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

多くの人が画家になれない理由(1)

f:id:ichiharugallery:20170214184949j:plain

こんにちは。

宮毬紗です。

 

バレンタインデーですね。

カードは手作りしたのでしょうか?

 

バレンタインでも、絵は描いてくださいね(笑)。

この記事でも、毎日絵を描くことの大切さを書いています。 

miyamarisa.hatenablog.com

 

毎日描くことで、新たな気づきが積み上がっていくことが大事なのです。

 

頭の中だけではなく、手を動かして得る気づきですよ。

 

手を動かしましょうね。

 

 

・・・といいつつ。

 

私は毎日描けない人でした。

 

搬入が迫ってくる前に、慌てて描いていました。

 

「毎日描いていれば上手く描けていたのに・・・」

 

と心で泣きながら(笑)。

 

 

あなたが毎日描いていないのなら、その原因は何かですか?

 

忙しいからですか?

やる気が起きないからですか?

 

そこまでやりたいとは、思わないからですか?

 

「どうせ毎日描いたって、誰にも褒められないし、結果も出ないし」

 

そんな気持ちになっていませんか?

 

 

でも描き続けると、必ず結果が出てきます。

絶対にです。

 

断言します。

絶対に良い結果につながっていきます。

 

 

さて本題です。 

 

画家志望の人が画家になれない一番の原因は、なんだと思いますか?

 

 

才能がないからでしょうか。

コネがないからでしょうか。

 

それともお金の問題でしょうか。

周りから反対されるからでしょうか?

 

いろいろ考えられるかもしれませんね。

 

でも、ほとんどの原因はこれです。

 

 

「描きたいと思わなくなるから」

 

 

描きたい気持ちが、なくなるのです。

 

そしてそのまま、あまり深く考えずに、なんとなく描かない日が続きます。

 

そして気が付いたら、「もう絵はやめたんだよね」状態の出来上がりです。 

 

絵画教室でも、美大・芸大卒業後でもそうですが、絵をやめていく人の多くは、絵が嫌いになって、描かなくなるのではありません。

 

絵に関わることすべてが大嫌いになるほど、強い感情が動くときは、むしろその反動でガムシャラに描き出す人がいます。

 

このタイプは、いきなり大ホームランを打つタイプですね。

 

そうではなくて、なんとなく、描かなくなるのです。

いきなり下手になったとか、誰かに貶されたとか、そういうことでではなくて、絵に気持ちが向かなくなるのです。

 

絵に限らなくても、何かをやめてしまうときには、これという強い理由がないことが多くあります。

 

なんとなく気が向かなかったり、面白くないことをやめるために、それらしい理由を見つけることはありますね。

人間関係だとか、お金の問題だとか。

 

 

ということはですね。

 

なんとなく気持ちが向かなくることを避ければ、画家になれる可能性は、限りなく高くなります。

 

ここで言う「画家」は、個展をコンスタントに開催したり、全国規模の公募展に入選したり、自分の作品に責任を持って発表を続けていく人だと設定しています。

「趣味だから〜」と言い訳しない人です。

  

この「なんとなく気が向かなくなって描くのをやめてしまう」に対する特効薬があります。

次の記事で書きますね。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ アトリエ・スタジオへ
にほんブログ村

 

絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

 

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp