強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

多くの人が画家になれない理由(2)

f:id:ichiharugallery:20170215143154j:plain

こんにちは。

宮毬紗です。

 

この記事が人気です。

miyamarisa.hatenablog.com

 

今日はこの続きを書きますね。

 

多くの人が画家を目指しながらも、画家になれない理由。

 

 

その原因は、絵を嫌いになるのでもなく、環境的に描けなくなるのではなく、

 

「絵を描きたいと思わなくなるから」

 

と書きました。

 

強烈な理由があるのではなく、なんとなく描くなる。

 

この心の動き方は、絵画制作だけではなく、ほかのことにも当てはまります。

例えば、こんな感じです。

 

「なんとなく、そのことに意識が向かなくなる」

    ↓

「ほかのことに目が行く」

    ↓

「イヤなことを見つける」

    ↓

「イヤなことが我慢ならなくなる」

    ↓

「やめてしまう」

 

そのことに意識が向かなくなるまでは、見えていなかったことに意識をクローズアップして、自分で「やめる原因」をピックアップしていくのです。

 

 

絵を描かなくなる場合、

 

「今、ここで絵を描く」

 

ということに、意識が向かない状態になります。

 

ただし、将来の夢はある場合が多いのです。

 

最終地点への意識はあるのです。

 

「いつか何処何処で個展をしたい」とか「公募展に入選したい」「画家になりたい」とか。

 

けれどもその意識が、今この場で、画材を広げて絵を描くということには、繋がらないのです。

 

「いつか」「今」が分離しています。

 

これが普通だと思います。

 

画家になれるかどうか確定されていない将来のために、今現在、コンスタントに努力を続けられる強靭な精神を持った人は多くありません。

 

画家になるということは、狭き門に見えますね。

公募展の入選も、受験と同じで狭き門です。

 

そういう不確定なものへ、毎日のように「絶対に自分は大丈夫」と、安心感を持って挑める人は、ほどんどいません。

 

しかも。 

 

自分で不確定だと感じている夢に注視し続けるのは、大きなストレスになります。 

 

ひとりで、こんな精神状態に陥っていませんか?

 

「画家になれるかな」

「なれると思わなければ、なれるものもなれないよね」

「いや、やっぱり無理かもしれない」

「でも諦めたら終わりだよ。自分を信じなきゃ」

「だったらどうして成果が出てないの?」

「やっぱりそれって、ダメだってことだよね」

 

恋人の浮気を疑い出すのと同じ状況です(笑)。

「信じたいのに、信じられない」という葛藤を延々と続けます。

 

心が落ち着きませんし、目の前のことに集中できなくなります。

目の前の、制作しなければいけない絵に意識が向かいません。

 

これは疲れます。

この状況にカップルが陥ると、恋愛関係が破綻するのと同じです。

 

あなたと絵との関係も破綻します。

 

 

意識を向けるところが違うのです。

 

将来の夢へは、軽く持っておく程度でいいのです。

 

将来の夢が、あなたの絵を描かせる大きな原動力にはならないときは、それを大事に抱え続けなくていいです。

 

夢があるから、夢が叶うのではありません。

夢を叶えるための行動が、あなたの夢を叶えます。

 

その行動に意識を向けるためには、これが必要です。

 

「毎日絵を描き続けることを、人から認めてもらう」

 

作品を認めてもらうことを目標にするのではありません。

 

ですが多くの画家を目指す人が、作品を認めてもらうことだけに意識を向けています。

認めてもらう相手も、審査員であったり、鑑賞者であったりするのですが、その定義も曖昧です。

 

違うのです。

 

作品を認めてもらうことに意識を向けるのは、画家になった後でいいです。

 

あとで、いくらでも認めてもらえます。

ファンがまったくいない画家はいません。

 

そうではなくて。

 

画家としての基盤ができるまでは、こちらです。

 

「描いた」という行動を、認めてもらい、褒めてもらうことを、毎日描くことへのモチベーションにするのです。

 

家族でもいいです。

先生でもいいです。

 

「毎日描きます」と宣言して、それを定期的に褒めてもらって下さい。

 

絵を描く過程は、人と接することがなく、孤独な作業です。

ですので、こんな勘違いをすることがあります。

 

「人が苦手だから、ひとりで絵を描くのが好き」

「画家は孤独に強くあるべきだ」

 

そんなことはありません。

人が苦手でも、絵を人に見てもらって、感動してもらいたい、喜んでもらいたいと思っているあなたは、人が好きなのです。

 

画廊の仕事をしていて感じることですが、画家を目指す人の多くは、人を喜ばせることに敏感です。

人への関わり方が、人対人ではなく、絵というワンクッションがあるから人との関わりが薄いように見えるだけで、じつは人の心を動かすという、非常に高度で濃密なコミュニケーションを目指している人たちです。

決して、他人を排除して生きる人たちではありません。

 

「毎日描いている」ということを、誰かに認めてもらい、「制作」という場でもコミュニケーションを取ることが、未来の画家であるあなたの、「絵を通してコミュニケーションを取りたい」という気持ちを満たしてくれます。

 

報告する人が誰もいなければ、私に教えてください。

画廊のメールアドレスに、「今日も描きました」と報告してください。

私があなたを褒めます。

チャンスだと気がついてくださいね。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 美術ブログ アトリエ・スタジオへ
にほんブログ村

 

絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

 

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp