読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

強烈に愛される画家になるための特別講座

これから画家になりたい人必見!京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年、一晴画廊オーナー)のネットで学べる絵画教室

一歩踏み出してチャンスをつかめる人

f:id:ichiharugallery:20170217232538j:plain

こんにちは。

宮毬紗です。

 

写真は一晴画廊の一室です。

一角だけ、古い聚楽壁をそのまま使用しています。

 

今日は嬉しい驚きがありました。

さっそく記事を書かねばならん!の勢いです。

 

この記事で、「画廊のメールアドレスに、『今日も描きました』と報告してください。」と書きました。

miyamarisa.hatenablog.com

 

私の予想では、テキストだけで「今日も描きました」と教えてくれる感じでいました。

それだと簡単にできますしね。

 

ところがですよ。

 

なんと。

 

描いた絵の画像を送ってくれる人がいました。

 

えらい!!!

 

よく画像をつけるところまで考えて、実行できましたね。

 なかなか、そこまでは出来ないんですよ。

 

 

はい、ここで「そんなこと、ぜんぜん大したことではない」と思ったあなた。

 

まったく何も分かっていません。

 

違うんです。

 

まずですね。

 

私にメールを送るには、まず画廊のブログからメールアドレスを探さなければいけません。

「メールで教えてください」と言いながら、このブログにメールアドレスはあえて書いていません。

 

なぜなら。

 

誰かに自分の存在を知らせたいときに、「探す」「行動する」ということに慣れてほしいからです。

 

多くの画家志望の人たちに足りないのは、自分を知ってもらう行動力です。

 

あと一歩動けば、「私は、ここにいます」と伝わるのに、その場でジーっと誰かに見つけてもらうのを待っています。

 

いつかラッキーが起こることを夢見て。

 

でも想像してみてください。

 

大海原で、大量の魚がウヨウヨといるときには、いくら自分が珍しい価値のある魚であっても、思いきってピョン!と跳び跳ねないと、「そこにいる」とは認識できません。

 

存在が見えないのです。

 

だから「ここにいます」と自分から動いて、まずは相手に存在を認めてもらわないといけないのですよね。

 

そこからがスタートです。

 

 

画像を送ってくれる人の作品は、もちろん、毎回しっかり見ますね。

「ここの色だけ塗りました!」な可愛い報告でも構いません。

 

私はあなたに、少しでも多くのチャンスを掴んでほしいと願っています。

 

なぜなら、 

あなたを心から応援しています。

 

私も勇気を出して小さな一歩を踏み出し続け、チャンスを掴んでいきました。

エスカレーターに乗ったようなエリートコースは、残念ながら、まったく歩んでいません(笑)。

 

自分で動ける人になってくださいね。

ここから一緒に頑張りましょう。

 

  

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ アトリエ・スタジオへ
にほんブログ村

 

絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

 

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp