読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

褒められて上手くなる絵画教室

京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年、一晴画廊オーナー)のネットで学べる絵画教室

先生が生徒さんの絵に手を入れていいのか問題

f:id:ichiharugallery:20170218185641j:plain  

こんにちは。

宮毬紗です。

 

確定申告の季節ですね。

初めて自分の画料が入って確定申告をした時を思い出します。

 

絵具代和紙代などの経費の多さ「絵描きなんて、まったく儲からん仕事やん!」と慄いた思い出があります(笑)。

 

その時は、私の画料もかなり安かったんです。

安くすれば売れるように勘違いしていました。

 

物は安くしても売れません。

 

これは、画家志望の人は覚えておいた方がいいですね。

人は値段で物を買うのではないのです。

 

さて。

 

今日は絵画教室でも、ちょっと考え込んでしまう問題です。

 

「先生が生徒さんの絵に手を入れていいのか」

 

私は手を入れますが、生徒さんの絵には絶対に手を入れないポリシーの先生もいます。

 

 

なぜだと思いますか?

 

 

ケチだからでしょうか?

 

面倒くさいからでしょうか?

 

依怙贔屓が生まれない配慮でしょうか?

 

自主性を養いたいからでしょうか?

 

 

最後の「自主性」というのは、大いにあります。

自分で考えて描けるようになるのが、一番いいですからね。

 

 

ですが、おそらくこの問題も、大きな要因になると思います。

 

「絵を描く範囲を制限してしまう」

 

例えばですね。

 

牡丹の花の絵を描いていたとします。

 

でも花びらのフワッとした表現が、どうしても上手くいきません。

いじっている間に、なんだか画面も汚くなってきました。

 

そこで先生が、あなたに代わって、数枚の花びらを見本に塗ってくれました。

 

さすが先生。

上手いです。

輝いています。

 

汚くなってしまったと感じる画面のなかの、その数枚の花びらだけが。

 

どうですか。

これは困りませんか。

 

手を入れると、その塗った部分だけは「先生の熟れた筆致」になります。

生徒さんの描き方に合わせて塗れるといいのですが、そうもいかない場合もあります。

 

するとですね、その「熟れた筆致」を維持したくなるのです。

 

「せっかく先生に綺麗に描いていただいたのに、ここを消すのは勿体ない」

 

こんな心理になったことはありませんか。

 

私は学生時代、これに陥ってしまい、散々な目に遭いました。

もう、これ以上、どこもいじりたくなくなるのです。

そこだけしか上手く見えないので(笑)。

なかなか絵が仕上がりませんでした。

 

これは絵を習う人が一度は陥る現象かもしれませんね。

 

 

はい、では逆も考えてみましょう。

それでも私が、生徒さんの絵に手を入れるのは、なぜでしょう。

 

 

上手い絵にしてあげたいからでしょうか?

 

教えるのが面倒くさいからでしょうか?

 

描いてあげないと、生徒さんが満足しないで、やめてしまうからでしょうか?

 

 

どれも違います。

 

筆の動かし方、絵具の置き方を、実際に描いているところを見て、視覚で覚えて欲しいからです。

 

口で説明するだけでは伝わらないこともあります。

特に筆の動かし方は、実際に目の前で見るのが一番わかりやすいですね。

 

ですので。

 

生徒さん「ラッキー!先生が上手に描いてくれているから、その間にLINEチェックしておこう」

 

などと、スマホをさわらないでくださいね(笑)。

 

手がどんな動きをしているか、絵具をどう伸ばしているかなど、作業をしっかりと見ていてください。

 

そのために、代わって描いているのですからね!

技を披露して「宮先生、すごーい!」と褒めてもらうためではないですよ(笑)。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 美術ブログ アトリエ・スタジオへ
にほんブログ村

 

絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

 

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp