読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

褒められて上手くなる絵画教室

京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年、一晴画廊オーナー)のネットで学べる絵画教室

今は初心者だけれど画家になりたい人向け記事

f:id:ichiharugallery:20170219175411j:plain

 

こんにちは。

宮毬紗です。

 

写真は画廊の玄関です。

「玄関間」と呼んでいて、床の間があります。

 

ここに飾ると作品が上手く見える(作家さん談)そうです(笑)。

床の間は、そこだけで小さな美術館みたいなものですね。

 

 

さて本題です。

 

画廊の仕事は、アーティストをプロデュースする仕事でもあります。

活躍経験のある人をスカウトもしますが、まったくの新人を一から育てる場合もあります。

 

私は育てる方が好きですね。

時間をかけて、その子が成長していくのを見るのが好きです。

 

 

画廊のブログには、このブログのリンクは貼っていません。

このブログからは画廊のブログに行けますが、反対はできません。

 

なぜだか分かりますか?

 

スカウトする側の気持ちになって、求めているアーティストの行動パターンを想像してもらえると、分かると思います。

 

分かったあなたは、かなり伸びていける人です。

 

 

あのですね。

 

スカウトする側は、「今だけ売れればいい」という人は探していません。

 

育てたいんですよね。

時間がかかっても。

 

「パッと個展をして、親戚や知り合いに売り尽くして終わり」

 

こんなことをさせたくないのです。

 

これでは使い捨てですね。

そういうビジネスの手法は、私は嫌いなんです。

 

 

私はあなたには、幸せな画家になってほしいのです。

 

あなたの気持ち良い状態で作品が売れるように、自分でコントロールできる画家です。

 

夢物語ですか?

 

違いますよ。

 

物事をよく考えることができて、絵に強い興味を持ち続ければ、作品は売れるようになります。

 

画廊やギャラリーだけではなく、どこででも。

 

だからですね。

 

画廊・ギャラリーありきで、「画家として認められたい」「作品が売れるようになりたい」と考えるのはやめましょう。

 

そんなことを考えていたら、あなたの画家人生は恐ろしく短命に終わります。

 

自分で自分の人生をコントロールできない人が行き着く先は、他人から振り回されて、搾取されて、他人を恨んで生きる人生です。

 

そうなりたくないですよね。

 

 

自分の人生は、自分でコントロールできます。

 

しなきゃいけないんです。

 

 

「そんなこと無理です!」

 

と大反論が聞こえてきそうですが、

 

できます。

 

あなたがまだ若くてもできます。

その方法もこれから書いていきますね。

 

 

それを踏まえて、もう一度考えてください。

 

「画廊のブログには、このブログのリンクは貼っていません。それはなぜでしょうか」

 

もう分かりますね。

 

先に画廊に興味を持って、そのオーナーが好きな絵の傾向などを知りたい人は求めていません。

まず絵が好きで、その後で画廊にも興味を持ってくれる人を求めています。

 

それが答えです。

 

 

記事も、あなたが画家になる力を育てることができる仕掛けを入れています。

これもそうですね。

miyamarisa.hatenablog.com

 

 

「なぜあなたは、それを選んだのですか?」

 

この問いを繰り返すことで、あなたのセルフ・プロデュース力が鍛えられます。

 

これもそうです。

miyamarisa.hatenablog.com

 

あなたが何を強みにして人に訴求していけばいいのか、それを考えるヒントが書いてあります。

 

 

私はあなたに記事の中で、「こうしたら上手に描けます」というテクニックは教えません。

 

教えたくないのです。

 

画廊や絵画絵画教室では、具体的なテクニックを教えたりもしますが、ここでは一切教えません。

 

意地悪しているのではありませんよ。

 

あなたに、自分で育っていってほしいからです。

自分で自分の武器を、いつまでも作り出せる人になってほしいからです。

 

この方法を知れば、どんな仕事にも応用できます。

もし経済的に苦しいのなら、その解決にも繋がっていきます。

 

私があなたに教えたいのは、自分で自分を幸せにする方法です。

 

 

はっきり言ってですね。

 

「目立つ絵」「入選する絵」を描かせることはできます。

受賞する絵も、いろいろと分析していけば描かせられるでしょう。

 

画家としての近道はあります。

 

早く結果を出そうと思えば。

 

でもですね。

それをしても、すぐに消えていくのです。

 

どれほどの人が、ちょっと結果が出たあとに、なんとなく絵をやめてしまうと思いますか?

 

大賞を取っても、やめるんです。

 

それが欲しくて仕方ないあなたには、信じられないかもしれませんね。

 

 

「もう勝ち組ですよね。注文とかバンバン来て、楽しくて仕方ないんじゃないですか?」

 

 

そんなことはないんです。

 

大賞を狙うために描いていたら、そういう心理にはなっていきません。

 

なぜなら短期的な喜びしか得られないからです。

その喜びにも、すぐに麻痺してしまい、面白くなくなります。

 

 

あなたは、どんな人生を送りたいのですか?

 

短期的な喜びを他人本位で求めて、それに振り回される人生ですか?

 このブログを読んでもらいながら、よく考えてほしいのです。

 

 

ちなみに。

 

 

このブログを読んで、「今日も描きました」とのメールを送ってくれる人は、画家としてエントリーしてくれているのと同じですね。

 

いつも報告を楽しみに待っていますよ。

なぜって、あなたを応援しまくっていますからね(*^ー^*)

 

今、上手に描けていなくていいのです。

「やっていいですよ」というチャンスに、素直に行動できる前向きさは、伸び続ける画家であるための大事な資質です。

 

私と一緒に頑張れる人を、いつでも探しています。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 美術ブログ アトリエ・スタジオへ
にほんブログ村

 

絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

 

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp