強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

好きなことだけして生きていいんです

こんにちは。

宮毬紗です。

 

最近、調子にのって、めちゃくちゃ長い記事を書いています。

書き終えて、「うっわー!めっちゃ長っ!」と自分ツッコミしますが、直しません(笑)。

文章を書くのは、絵を描くのと甲乙つけがたいほど大好きです。 

 

私は、好きなことは、押し通します。

よほど他人に迷惑になるものは別ですが、そうでないのなら、何かをやる基準は「それが好きかどうか」です。

 

あなたもそうしていいのです。

 

むしろ、そうしなければいけません。

画家を目指しているのなら、なおのことです。

 

絵だけではなく、仕事も、好きなことをする方がいいのですよ。

 

 最初は下手でも、まったくの未経験でも、好きなことに飛び込んでいく方が、あなたも、周りも幸せになったりします。

 

好きではない仕事を続けると、あなたの価値を下げるだけではなく、じつは周りにも迷惑な場合があります。

 

たとえば、みんなが「よし!やろう!」と燃えているような時に、ひとり冷えた空気を出している人がいると、上司は困るんです。

 

しかも。

 

そういう空気は周りに伝染します。

嫌嫌ながらに仕事をやられるほど、困ったことはありません。

 

作家さんでも、「ここでやりたくないけれど、声をかけてもらったし、仕方ないなあ」なんて嫌嫌ながらに個展をされると、私も困ります・・・。

 

微妙な空気が画廊全体に漂います。

 

ここでのファンが増えるように、応援していいのかどうかも分かりません(笑)。

両方にとって、もったいない話ですね。

 

もう一度書きますが、画家になるには、好きなことだけやってください。

 

「今、細かく描くのが流行っているから、別に好きでもないけど、細かく描いておくか」とか「枚数を描かないと個展できないし、本当はゆっくり描きたいけれど、スピード上げなきゃ」とか、そんな楽しくもなんともない動機で絵を描かないでください。

 

好きなことだけをやる力があるからこそ、画家になれるのです。

 

あなたの「これが好きです!」というエネルギーを、ちゃんとしたギャラリーや画廊は見ています。

流行の絵が描けるからとか、枚数をこなせるからとか、たった一時期の売上を伸ばすための歯車みたいな役割をあなたに求めているのではありません。

 

誰かに必要とされるために、不本意なことをするのではなく、本心から好きなことをやり続けてください。

 

そのエネルギーは、必ずあなたの現実を良い方向へ変えていきます。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ アトリエ・スタジオへ
にほんブログ村

 

絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

 

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp