読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛される画家になるための絵画教室

これから画家になりたい人必見!京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年、一晴画廊オーナー)のネットで学べる絵画教室

たくさん落選してください、略歴には載りませんから。

こんにちは。

宮毬紗です。

 

これまで、結構な数の落選通知を受け取りました。

捨ててしまったので、正確に何枚あったかは覚えていませんが、「この先、誰も自分の絵を評価してくれないのではないか」という精神的ダメージを受けるには十分な数でした(笑)。

 

 

受け取った日は、かなり落ち込みました。

平気な人は、いないと思います。

やけ食いしたとか、先生に電話して泣いたとか、いろんなエピソードを聞きます。

 

 

でも今思うと、落選した後の悔しさが、一番成長へのバネになっているのですよね。

入選して、ホッとしている時よりも。

 

落選続きの時は、入賞・入選作は、見たくもない時期がありました。

 

「私は負けていない」とのプライドだけは高かったので。

 

けれども、あまりに落選が続いて、「自分では打つ手なし」な崖っぷち状態になってきました。

 

「あれ、私このままではヤバイかも・・・まだ見つかっていないシンデレラではないなあ」と、ジワジワとした焦りが、次第に恐怖感へと変わるのです(笑)。

そうなって、ようやく本気で他の作品を研究し始めました。

 

 

まずは、落ちた理由を必死で考えるのです。

 「構図が散漫だったのかも」「色が悪かったかな」などと。

 

それを意識し始めて、落選した時の方が、学ばなければいけないことを多く受け取れることに気がつきました。

 

落ちたからこそ、自分の絵を反省します。

でも入選すると、嬉しさや安堵から、反省の目が甘くなっていました。

 

 

あとですね。

 

落選する理由もいろいろあります。

 

「出品する公募展自体を間違っていた」とか。

 

会や選出の傾向が、自分の絵に向いていないこともあります。

「そこにどんな作品を出してほしいか」という主催者の意図を理解するのも大事でした。

 

企業や団体が何かを集めるときには、集める側には必ず「意図」があります。

「集まれば、なんでもいい」とは思っていません。

 

絵画展でも、その会やイベントのブランド・イメージを象徴するものを求めるのが普通です。

 

これを無視して、まったく望まれていないような傾向の絵を出品して落選し、

「どうして自分の絵が理解してもらえないんだろう」

と悩むのは、ちょっと違います。

 

 

そういうことも考えつつ、落選を恐れずに、チャレンジしていってください。

 

なにせ、落選は略歴に書かなくていいので(笑)。

 

100回落選して、10回入選したら、略歴に載るのは10回の入選歴です。

 

 

ちなみに、若い頃に、恐らく20枚は落選ハガキを受け取った私の略歴はこちらです(笑)。 

miyamarisa.hatenablog.com

 

落選歴を書くと、味わい深い略歴になるかもしれません。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ アトリエ・スタジオへ
にほんブログ村

 

絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

 

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp