読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛される画家になるための絵画教室

これから画家になりたい人必見!京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年、一晴画廊オーナー)のネットで学べる絵画教室

饒舌である美しさ

こんにちは。

宮毬紗です。

 

以前に「絵の中で伝えたいことは絞りましょう」という記事を書きました。 

miyamarisa.hatenablog.com

 

今日はこれと真逆の「過剰に描き込む」ということについて書きます。

 

性格的に、過剰に描き込むことに向いている人もいます。

草間彌生を出せば、納得されるかもしれません。

 

草間彌生の過剰性は、彼女の性質的なことろプラス、現代アートしてのコンセプトも確立しています。

過剰に表現する理由があります。

 

(実は草間彌生と母校が同じです。めっちゃ自慢です)

 

もしもあなたが、「延々と何かをやっていたいタイプです」とか「同じものばかり食べてしまいます」といった反復を好む性質を持っているのなら、ぜひ過剰な描き込みに挑戦してみてください。

 

あのですね。

 

「伝えたいことはシンプルに」という記事を書いていますが、決して描きこみ過ぎが悪いのではありません。

意味のない描きこみ過ぎが、見辛い絵になる原因のひとつであると言いたいのです。

 

ただし。

 

あなたが過剰であることを心地よく感じ、情熱を持って細部まで描いていれば、そのエネルギーは、見る人にそのまま伝わります。

 

おっと、逆に「ああ、もう面倒くさい」とイヤイヤ描いていると、それも伝わります(笑)。

 

絵は心の鏡だそうです。

私も失恋して描いた花の絵は、めちゃくちゃなダークなオーラ満載でした・・・。

 

入選しましたが、ずっと図録に残っているので、嬉しいんだか、どうなんだか。

 

 

それとですね。

 

もうひとパターン紹介しましょう。

 

一度過剰に描きこんでしまい、そこから、「これは煩すぎる」と感じる箇所を消していく描き方もありますね。

あとで絵を整理するやり方です。

 

ただし。

 

透明水彩絵の具や色鉛筆では、難しい技法です。

下の色を消せる絵の具で描く場合に向いています。

 

 

描き続けるために大事なのは、あなた性格、表現したいものなどが、制作方法にマッチしているかどうかです。

描いていて自然であるかどうかです。

「上手い感じに描けるけど、なんか違うなあ」と違和感を抱きながら描いていないか、一度見直してみてください。

 

そのためにも、スタイルを決める前に、様々な技法を一度は試すといいかもしれません。

私はかなり、いろいろ試しました。

0号(ハガキサイズ)でもいいですよ。

 

あなたの体や心に合った表現を、ぜひ見つけてくださいね。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 美術ブログ アトリエ・スタジオへ
にほんブログ村

 

絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

 

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp