読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

強烈に愛される画家になるための特別講座

これから画家になりたい人必見!京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年、一晴画廊オーナー)のネットで学べる絵画教室

何だって筆になります

f:id:ichiharugallery:20161101165830j:plain

 

こんにちは。

宮毬紗です。

 

生徒さんのお雛様の絵は何枚も手伝ってきましたが、まだ自分の娘には描いてあげていないことに気がつきました。

 

紺屋の白袴です・・・。

 

娘よ、お母さんは今年こそ頑張ります!

旧暦でよければ。

 

 

さて。

 

今日は「どんな道具で絵を描くか」という話です。

 

こちらの続きとも言える記事です。 

miyamarisa.hatenablog.com

  

あなたは普段、色を何で塗っていますか?

 

色鉛筆やパステル、クレパスなどだと、そのまま画面に塗っているかもしれませんね。

でも絵の具や墨など、流動性があるメディウムは、いろんなものを使って画面に塗ることができます。

 

を使うことが多いと思います。

ペインティングナイフも使いますね。

  

画材店では「〜画用」の筆を売っていますし、その筆で描いた絵も多いです。

 

でもですね。

 

それが絶対のルールではありません。

 「絵の具は〜で塗らなければいけない」という決まりはありません。

 

描き方にルールはないのです。

あなたは自由に描いていいのです。

 

 

上の写真は、筆の他に、食器洗い用のスポンジを使っています。

それで絵の下地を塗りました。

 

スポンジに絵の具を含ませて、紙の上でポンポンとスポンジを叩くようにして、絵の具を置きます。

 

あとですね。

 

私はよく下地作りに、女性用の網タイツを使います。

 

まず。

300円ショップで、花柄の網タイツを買ってきます。

15cmくらいの幅にカットして、その中にお風呂用のスポンジを入れます。

仕上がりは、スポンジを網タイツで包む感じです。

 

それに絵の具をつけて、画面に叩き込み、花模様を作ります。

 

ハンコではなく網タイツを使うのは、タイツのニット素材が、金属や木製の物よりも絵の具を含みやすいからです。

 

私はあまりハッキリとした花柄を出したくないのです。

 「背景に花がありますよ」と描きたいわけではないのですね。

 

花なのか何なのか、よく分からない形があるのがいいのです。

すなわち「気配」「雰囲気」を表現するための、なんとなくの文様しか写ってほしくないのです。

 

いろいろ試した結果、絵の具がニット素材からジワっと滲み出て、輪郭が曖昧になるくらいの網タイツがベストでした。

 

 

あともうひとつ。

 

よく使う技法に、「筆で塗ったあとで、タオルや手ぬぐいで画面を押す」というものもあります。

 

筆で絵の具を塗ったところへ、濡れている間に、タオル手ぬぐいを上から乗せて、手で押します。

 

すると、布地の跡が画面に写ります。

 

タオルだと、砂壁みたいなボコボコ・ザラザラな表現になります。

手ぬぐいは、布の織り目がそのまま残るので、画面に薄い布が被さっているような表現になります。

 

「塗った上から布なんか置いて、大丈夫なんですか?!」

 

と生徒さんにビックリされるのですが・・・

 

布を上から置いても、塗った絵の具がすべて取れることはありません。

 

絵の具をベタッと塗りすぎた時の応急処置には、ティッシュを使っています。

画面を布やティッシュで押さえることで、表面の絵の具の量が減ります。

擦って消すのとは違い、下地の色も消えません。

 

他にも、布の代わりにサランラップを使ったり、梱包材のプチプチに絵の具を塗って画面に置いたり、いろんな物が筆の代わりになります。

 

子供教室では、絵の具を画面にダーっと流して、手を使って画面へ広げたりもします。

のあとが残って、面白いですよ。

富士山の絵で有名な日本画家の片岡珠子も指で描いていましたね。

画面には彼女の指のあとが残っています。

 

 

絵の具を塗るのは、筆でなくてもいいんです。

じつは至る所に、画材があふれているのです(笑)。

それぞれに、その画材特有のマチエールを持っています。

 

そして、ここが大事です。

 

多種多様な画材があり、様々なマチエールを作れることを知ると、これが分かってきます。

 

「いつ筆を使うと効果的なのか」

 

筆を使わないことで、筆を使う意味が分かるようになります。

 

 

新しい方法を発見したら、大事にしてくださいね。

それがあなたのオリジナル、持ち味になっていきます。

 

それは、この記事に続いていきます。 

miyamarisa.hatenablog.com

 

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ アトリエ・スタジオへ
にほんブログ村

 

絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

 

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp