強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

自分の絵を知るレッスン

こんにちは。

宮毬紗です。

 

今日は「自分の絵を知るレッスン」です。

自分自身を知るレッスンでもあります。

 

自分を知らなければ、自分らしい絵とは何なのか分かりませんね。

 

絵のなかの「あなたらしさ」とは何か。

絵の中で自覚的に表現できるようになるためのレッスンをしましょう。

 

 

あなたがそのモチーフを選んだのは、なぜでしょうか。

 

例えばですね。

 

絵画教室入会者の最初の課題は「リンゴ」です。

1個のリンゴの絵を描きます。

 

生徒さんに「次回に描くリンゴを買ってきてください」とお願いします。

 

リンゴといっても、フジリンゴやジョナゴールド、淡い緑の王林もありますね。

 

すぐに「何の品種のリンゴですか」「好きな種類でいいですか」と聞く人、買いに行ってから、「先生、どのリンゴがいいですか」と聞いてくる人もいます。

 

とりあえず、色々な種類のリンゴを買ってくる人もいます。

 

リンゴ1個を描くにしても、人それぞれに取り組んでいく過程も姿勢も違います。

誰一人、同じではないのですよね。

 

絵を描く前に、絵の出来の60%は決まっているそうですが、確かに、モチーフを選ぶところから、制作は始まっています。

 

あなたはなぜ、それを選んだのでしょう。

 

描くときに、なぜその角度を選んだのでしょう。

 

もう少し上から見ることもできますよね?

もう少し、遠くから見ることもできますよ。

もっと近寄ることもできますね。

 

これから描こうとしている、その一つ一つの選択の意味を、言葉で説明してみてください。

 

あなたの視点の癖が分かります。

あなたの好みのコンポジション、すなわち配置の癖も分かります。

 

絵はあなたの心身の感覚の癖を、そのまま写しています。

 

ぜひ一度、自分を知るレッスンをしてみてくださいね。

じつは、あなた以外の絵の良さを知るレッスンでもありますから。

 

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 美術ブログ アトリエ・スタジオへ
にほんブログ村

 

絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

 

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp