読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛される画家になるための絵画教室

これから画家になりたい人必見!京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年、一晴画廊オーナー)のネットで学べる絵画教室

それ、本当に無理なとこですか?

こんにちは。

宮毬紗です。

 

ある人に、こんなことを言われたことがあります。

 

「画廊経営と作家活動を両立するなんて、絶対に無理だ」

 

何人かに言われましたね(笑)。

 

こういうことを言う人の特徴として、私のことをあまり知らない人が多いのです。

 

私と親しい人は、何かをするときに「無理だ」とは言ってきません。

「何か協力できることはある?」と聞いてくれます。

 

何かやろうとしたら、「それは無理だ」と反対されるのは、誰しも経験があると思います。

 

そんなとき、あなたはどうしますか?

諦めますか?

それとも、自分の意志を通しますか?

 

 

面白いのはですね。

 

私はそんなことを言われるまで、両立は無理なんて一度も考えたことがなかったのです。

言われてみて初めて、「ああ、無理ということもあるんだな」と、自分で考えもつかない可能性を知るわけです。

 

これは一見親切な指摘に見えますが、そうではありません。

本人が「出来る」と思っているときに、出来ない理由を探させる意味がないのです。

 

 

大抵の場合、「それは無理だ」と言われたら、その人がそう感じるだけであって、相手のことを言っているのではないのです。

 

あなたのことではありません。

 

 

それにですね。

 

本当に相手の成長を願っていたり、人生を応援している人は、壁にぶつかる時まで、黙ってくれています。

どうしても乗り越えられそうにない壁にぶつかった時に、それを乗り越える方法を、一緒に考えてくれたり、応援してくれたりします。

 

 

私の場合は、よく考えれば考えるほど、「普通にできる。両立どころか、他にも仕事をしまくれる」と思ったのです。

 

人は、好きなことは、いくらでもやれます。

やればやるほど、パワーもアイデアもあふれてきます。

 

好きなことをセーブして生きるのは、自分の持つエネルギーを使い切れていない、勿体無い状態なのです。

 

私はあなたのエネルギーを、最大に活かして生きてほしいと願っています。

 

怖がらないで、勇気を出して。

 

やりたいことを、やってください。

そのエネルギーが、人も、自分をも、感動させるのです。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 美術ブログ アトリエ・スタジオへ
にほんブログ村

 

絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

 

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp