読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛される画家になるための絵画教室

これから画家になりたい人必見!京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年、一晴画廊オーナー)のネットで学べる絵画教室

それを描いたのは誰?

こんにちは。

宮毬紗です。

 

明治時代の日本画家・木島桃村日本画の調査を続けています。

 

新しい絵が出てきました。

ですがまだ、桃村が描いたのかは分かりません。

 

署名も落款もありません。

 

これから、写生帳縮図帳の中に似たような絵が無いか、もしくは他の画家が同時代に描いたものではないのか、図版などを見てを、ひとつひとつ調べていきます。

 

まるで探偵みたいです。

 

 

ひとりの作家を調べていくと、必ず「描くときの癖」が見つかります。

その癖が絵の中にあるかを探します。

 

よく使う絵の具の色。

好みの線の太さ。

細密さ。

簡略化した写生の形の類似性。

 

そういうものを見ていきます。

 

 

そうそう。

 

「時代による癖」もあるのですよ。

その時代の画家ならではの描法があります。

 

あなたも、あなた個人の自由に描いているように思えても、「時代による癖」を、無意識のうちにでも、絵のなかに反映させています。

 

その時代のプロダクト・デザインの影響を受けています。

産業の影響を受けています。

 「最近の子の人物の絵がアニメっぽい」「色もアニメっぽい」と、ある日本画家の大学の先生が嘆いていましたが、それは自然なことです。

 

今を生きて、目の前で起きていることを直視していれば、当然そうなります。

 

 

絵を調べるときに怖いのは、「桃村の絵であってほしい」という気持ちが先行することです。

その願いを肯定する材料を、無理に探してしまうのですよね・・・。

 

どんなときもニュートラルな態度でいるというのは、搬入前もそうですが、難しいですね(^。^;)

  

こうやって後世の人間が、あなたの絵を調べる日が来るかもしれませんね。

お願いですから、誰が描いたかのヒントを記しておいてください(笑)。

 

あなたが後世に有名にならないなんて、まだ誰も決められないのですから。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ アトリエ・スタジオへ
にほんブログ村

 

リアル絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

 

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp