読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

強烈に愛される画家になるための特別講座

これから画家になりたい人必見!京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年、一晴画廊オーナー)のネットで学べる絵画教室

プレゼントの絵を描くときのポイント

こんにちは。

宮毬紗です。

 

絵画教室の生徒さんたちの流行は、「プレゼントにする絵を描く」です。

 

絵を習っていると、完成した絵を玄関や応接間に飾ります。

 

するとお友達の中に必ず、こんな嬉しいことを言ってくれる人があるのです。

 

 

「いいわねー、この絵、欲しいわー」

 

 

材料費くらいの値段で譲る人もいます。

 

でも思い入れのある絵は、どうしても残しておきたい人もいます。

 

 

プレゼント用の絵を描く場合、リクエストされたモチーフなら楽ですね。

 

でも「なんでもいいから、何か素敵な絵を描いて」という、ある意味無理難題を出される場合もあります(笑)。

 

何を描いたらいいのか、困りますよね。

 

 

基本的には、あなたの好きな絵で構いません。

 

あなたの絵を一枚も見たことがない人なら別ですが、あなたの絵の雰囲気を知って注文しているのですから。

 

 

できれば縁起の良いものを描きましょう。

これからの季節は、青竹も、桃もいいですね。

 

花を描くときは、念のために花言葉を調べてください。

 

もしもネガティブなイメージの花言葉でしたら、避ける方がいいでしょう。

今は知らなくても、何かの拍子に目にする可能性が高いので。

 

花の絵を飾っていると、その花に関するものに注目するようになります。

それまで目に入らなかった花言葉が、パッと目に飛び込んでくる可能性があります。

 

 

避けるものは椿刃物壊れたもの表情の暗い人物像など、暗いイメージのものです。

椿は花の首が落ちるので、経営者だと嫌う人もあります。

 

「せっかくいただいたけど、飾れない」となってしまうと、悲しいですね。

 

たくさん本を読んでいると、何が喜ばれて、何が忌み嫌われるか分かってきます。

この記事につながりますね。

 

miyamarisa.hatenablog.com

 

 

モチーフの数は、なるべく奇数がいいでしょう。

偶数は陰の気を含むと、気にする人もあります。

 

色味は、黒っぽい色はやめましょうね。

なるべく、穏やかな色味がでしょう。

 

もしくは、贈る方が好んで着ている服の色にします。

 

好きな色だから、よく着てしまうのです。

生徒さんの服を見ていても、絵の色味と同じことが多いです(笑)。

 

 

あとは、真心を込めて描けば、きっと喜んでいただける絵になります。

 

描き終えたら、画面の裏側に、タイトル、名前、日付を忘れずに入れましょう。

一言、その方へのメッセージを添えれば、いただいた方も嬉しいですね。

 

  

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 美術ブログ アトリエ・スタジオへ
にほんブログ村

 

リアル絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp