読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛される画家になるための絵画教室

これから画家になりたい人必見!京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年、一晴画廊オーナー)のネットで学べる絵画教室

絵は作業の積み重ねである

こんにちは。

宮毬紗です。

 

今日、素晴らしい「あぶな絵」を手に入れました。

英泉のものです。

復刻版なので安価です。

 

早速、模写して遊びたいと目論んでいます。

 

英泉の復刻版の「あぶな絵」に興味のある方は画廊へ問い合わせてくださいね。

ほとんど私が買い占めましたが、まだ数枚残っているかもしれません。

 

 

さて。

今日はこの記事の補足のような話です。

miyamarisa.hatenablog.com

 

クリエイティブになるということは、その絵を描くために、どのような作業をすればいいのか、創意工夫していくことでも可能であると書いています。

 

絵のテーマだけをクリエイティブに考えるのではないのですよね。

 

 

絵を描く人の大半は、「何を描くか」ということに注力します。

モチーフテーマに重点を置きます。

 

 

人物を描くか。

風景を描くか、

人の悲哀を描くか。

愛を描くか。

 

 

でもですね。

 

絵画制作って、主にやっていることは「作業の積み重ね」です。

思索を重ねるのではなく、手で行う作業の積み重ねで絵画は出来上がっていきます。

これをやっている時間が、長い人も多いですよね。

 

この作業の間に、いかに工夫をしていけるか、クリエイティブに考えられるかが、絵の良し悪しを左右すると言っても過言ではありません。

 

極端に言えば。

 

あなたが人物を描こうが風景を描こうが、そんなに大差ないのです。

 

コンセプチュアル・アートとして、モチーフが意味を持つのなら別ですが、「描きたい」と思った対象物としてだけ絵の中に配置するのなら、何を選んでも、絵画性が大きく変わることはありません。

 

それよりも。

 

あなたがどこまで、その絵に時間をかけたか、どんな描法を使ったか、どんなメディウムを選んだかなどで、絵画性が変わります。

 

テーマやモチーフだけで、絵画性は決まりません。

コンセプトが主の絵画であっても、そのコンセプトを伝えるための適切な描法を選んで、画面に表出させなければいけません。

 

手で行う作業の積み重ねの質が素晴らしいと、コンセプトありきの絵画ではなく、表現全体が質の高い絵画になっていきます。

 

 

ただしですね。

 

やみくもに、手で行う作業に「時間をかけろ」と言っているのではないのですよ。

いじり回してダメになる時もありますから。

 

時間の問題ではないのですが・・・

 

でもできる限り、時間はかけた方がいいです(笑)。

 

サラッと描いてあるように見える絵でも、絵画性が高いものは、コンセプト、配置、基底材やメディウムを選ぶセンスを練り上げてあります。

しかも、サラッと描いたように見せて、実はかなりの時間をかけていたりします。

 

こういうことは、模写をしてみると分かります。

色まで再現してみると、かなり塗り重ねないと、その色が発色しないとか、色と色との境界線の厳密さがすごいとか、何かしら「他の絵にはない、その人独自の要素」が隠れているものです。

 

好きなアーティストの模写は、ぜひ一度やってみてくださいね。

 

 

もしもですね。

 

モチーフ選びに困ったら、そこで時間を消費するのはもったいないので、なんでもいいですから、パッと思い浮かんだものを選んで、どんどん描いてみてください。

 

たくさん描いて、作業の精度を高めるのです。

手は動かさないと、感覚が鈍りますからね。

 

迷っているなら、描いてしまう。

それができる人が、次第に頭角を現してくる理由は、もう分かりますね。

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ アトリエ・スタジオへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

リアル絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

 

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp