読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛される画家になるための絵画教室

これから画家になりたい人必見!京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年、一晴画廊オーナー)のネットで学べる絵画教室

出品作家さん用記事:プロとして立ってください

こんにちは。

宮毬紗です。

 

このブログの記事は、一晴画廊に出品する作家さんにも読んでもらっています。

緊急に伝えたい話があるので、書いておきます。

 

大事なことですので、ちょっと厳しく、ビシビシいきますね。

 

 

 

懇親会やギャラリートークで、一般のお客様や評論家や学芸員の方と話す機会があると思います。

 

そのときに。

 

アトリエでの1人の作業から出てきて、プロとして向き合ってほしいのです。

 

アトリエで、迷いながら制作している、素のままの自分ではなく、表舞台であることを意識して、画家としてのブランドを引っさげて立ってほしいのです。

 

これはギャラリートークの内容も同じです。

 

 

たまに、こんな人がいます。

 

「私の絵がどう見えるのか分からないですけど・・・」

 

もっとひどいのは、こんな感じです。

 

「なんか、自分ではよくわかんないんですけど、どうなんでしょうねぇー」

 

 

こんな話を聞いて、楽しいですか?

何か心に響きますか?

 

あなたの不安を聞きに、お客様はそこにいるのではありません。

あなたが何を描こうとしたのか、どんな思いで描いたのかを聞きたいのです。

 

アトリエでは、散々迷っていいです。

グダグダでもいいです。

 

でもですね。

舞台裏の様子をリアルに話しても、あなたの絵の良さは伝わりません。

それはあくまでも楽屋ネタなんです。

作家同士の、内輪ウケの話なんです。

 

そうではなくて。

 

あなたが何を描いていて、自分の作品をどう見てほしくて、何を読み取ってほしいのかを伝えなければいけないのです。

あなたの「良いところ」を、相手に届く形でプロモーションする場なのですから。

 

 

何を話したらいいのか分からない場合は、プレゼンの方法を書いた本を読んでください。

社会で認められたいのなら当然の努力です。

懇親会も、ギャラリートークも、プレゼンテーションの場なのです。

 

与えられたチャンスは、最大限に活用しましょう。

1人でも多くのファンを掴んでください。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ アトリエ・スタジオへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

リアル絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

 

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp