読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛される画家になるための絵画教室

これから画家になりたい人必見!京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年、一晴画廊オーナー)のネットで学べる絵画教室

才能よりも大事な「共感力」にこだわる

こんにちは。

宮毬紗です。

 

早速ですが。

 

こんなご指摘をいただきました。

 

「最近さぁーブログが出品作家さんの教育ブログになってない?」

 

・・・。

 

・・・。

 

・・・バレタか。

 

はい、なってます。

愛情を込めて思いっきり教育したろう!と目論んでます。

 

もー作家さんが好きすぎて。

 

・・・愛情を持っているのは、出品作家さんだけじゃないんですけどね。

 

絵を描く人を愛してます。

はい、あなたのことですよ。

 

あなたのことが大好きなんです(*^。^*) 

 

 

さて、気をとりなして。

 

今日は、この記事の続きみたいな感じのテーマです。 

miyamarisa.hatenablog.com

 

やはり「才能」というキーワードが入った記事には反応があります。

気になるワードですよね。

 

自分には才能があるのか、ないのか。

私も若い頃は気になりました。

 

 

でもですね。

 

私はこちらのワードを、頭に叩き込んでほしいと思っています。

 

「共感力」

 

絵を見る人の気持ちに共感する力。

絵を見る人たちに共感させる力。

 

この2つの力を持ってほしいと願っています。

 

 

なぜ共感力が必要か説明しますね。

 

まず想像してみてください。

人は、なぜ絵を見に行くのでしょう。

 

まずですね。

 

絵を見るのが純粋に好きな人たちが、一定数います。

こういう人たちは、誰かのファンというよりも、絵そのものを愛していて、「絵画の鑑賞」が好きなのです。

 

1人でも美術館やギャラリーを巡る人たちです。

 

こういう人は、あなたが魂を込めて丁寧に制作を続けていれば、自発的にあなたを見つけてくれるでしょう。

 

 

それ以外にですね。

「絵」というものの周縁を好きな人たちもいます。

 

じつは、ブラッと訪れた画廊やギャラリーで絵を買っていく人たちは、この層の人が多いのです。

絵を求めることで、その人が求める欲求を満たせる人たちです。

 

「絵があることで、暮らしの中に彩りが生まれる」

「絵を描く人を応援することで、日本文化の向上に貢献できる」

「絵を愛好することで、成功者としての豊かさを感じる」

「絵に触れることで、自分の感度を上げられる」

 

仕事に必要だから、という人もいますね。

クリエィティブな仕事の人に多いです。

 

様々な理由がありますが、絵を介して、自分や周りの幸福度を上げようとする人たちです。

 

あなたが共感力を発揮する相手は、この人たちです。

 

この層の考えに共感する力があるかどうかで、あなたのファンの数が変わってきます。

 

その絵を持つことで、何を満たそうとしているのか。

彼らに考えに共感し、その希望に沿ったものを提供できると最強です。

 

新しい時代を象徴する絵画を求めているかもしれません。

ではあなたは、その人に何を提供できるのか。

 

新社屋の社長室に飾る絵を探しているのかもしれません。

どんな絵が相応しいか。

 

相手の目線に立って、その人が本心から欲しているものの本質を捉えていってください。

 

 

ちょっと難しいでしょうか・・・。

 

でもこれが分かると、あなたに熱狂的なファンがつきます。

 

また別の記事で、これからも繰り返し説明していきますね。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ アトリエ・スタジオへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

リアル絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

 

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp