読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

強烈に愛される画家になるための特別講座

これから画家になりたい人必見!京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年、一晴画廊オーナー)のネットで学べる絵画教室

ちょっと強気はモテる/お客様との交渉のコツ

こんにちは。

宮毬紗です。

 

桜をスケッチしてきました。

そのあと、京都高島屋で、高島屋にゆかりのある美術工芸の展覧会を拝見しました。

 

遠縁の木島櫻谷の作品も発見。

今日で最終日でしたので、鑑賞できてよかった!

 

さて。

 

今日は、個展を予定している人必見の記事です。

特に作品の価格交渉の場では、力を発揮すると思います。

 

 

恋愛でも、仕事でも、総じて言えることですが・・・。

 

 

「自分に自信のある強気な人はモテる」

 

 

画廊でも実感しますが、弱気な作家さんよりも、自信を持った、ちょっと強気な作家さんはモテます。

 

 

「俺、結果出す人ですから」

 

「自信あって当たり前ですよね。やることやってますし」

 

 

いいですねー。

 

こういう作家さんは伸びます。

 

男女ともに、そういう傾向があります。

 

「結果なんてどうでもいいです」という、結果から逃げるために強気を装っている人ではありませんよ。

 

求められることを理解した上での強気です。

 

 

強気はモテます。

 

自信満々ではなくて、「ちょっとだけ自信家」な感じです。

 

 

画家は人気商売です。

絵が人気になるのは当然ですが、画家本人の人気は、大きな影響力があります。

 

ですので。

 

堂々と自信を持ったメンタルで、画廊・ギャラリーに立ってほしいと願っています。

私たちもファンを1人でも増やしたいと願っているので。

 

ところがですね・・・。

 

あまり販売実績のない作家さんは、ビクビクしています。

屠殺場に連れてこられた仔羊かと思うくらいの人もいます。

 

 

例えばこんな感じで。

 

 

「私、仕方なく立っています」

 

「どうしていいか分かりません」

 

 

こんな心の声がダダ漏れしています。

 

・・・あきまへん。

 

黙っていても、強く感じていることは、ダイレクトに人に伝わります。

 

 

しかもですね。

 

作品が欲しいと迷っているお客様に、こんな一言をポロリ。

 

 

「・・・やっぱり、高すぎますよね」

 

「値段を下げてもいいです」

 

 

えーっとですね・・・顔を洗って出直してきてください。

娘だったら、お尻ペンペンです。

 

 

あのですね。

 

誰も値下げしろと言っていないのに、自ら価値を下げて、どうするんですか?

 

あなたの作品を、提示してある価格から値下げすることは、親切でもなんでもないんです。

 

値下げして買ってもらっても、お客様のためにもなりませんし、あなたのためにもなりません。

 

お客様は「あなたの価値」を決める立場ではないんです。

あなたが、あなたの価値を決めるのです。

 

それを、お客様の顔色を見ながら、フラフラと価値を変えてどうするんですか。

価値への信頼は生まれません。

 

その場の気分次第で変動する価値を、どうやって信頼するのか、よく考えてください。

 

強気を押し通してください。

信じられないかもしれませんが、それでも作品は売れるんです。

弱気になって、値下げしなくても、ちゃんと売れます。

 

むしろ値下げしない作家の方が、よく売れます。

 

それは信頼が生まれるからです。

 

ある時は価格高騰。

ある時は価格下落。

 

そんな状態で信頼は生まれませんよね。

 

本来、作品の価値は上がっていくはずなのです。

あなたが実績を積み重ねた分、あなたの価値が上がっていくからです。

 

 

作品を買う人は、その作品だけを欲している人と、あなたの将来性に期待し、あなたの未来を込みで買っている人がいます。

 

特に後者の場合は、安易な値下げは好みません。

 

自信を持って、「いい作品を描きました。あなたに持って欲しいです」と堂々と言える態度を求めています。

 

 

お客様が何を求めているのか考えていくと、あなたがどういうメンタルで画廊・ギャラリーに立てばいいのか、さらに対策を考えられると思います。

 

自分の頭で、自分の求める未来に向かうために、いま何をすればいいのか、しっかりと考えられる画家になってください。

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ アトリエ・スタジオへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

 

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp