読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

強烈に愛される画家になるための特別講座

これから画家になりたい人必見!京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年、一晴画廊オーナー)のネットで学べる絵画教室

絵を無料でプレゼントしないでください、もしもあなたが画家になりたいのなら。

こんにちは。

宮毬紗です。

 

もう少し、お金に関する記事を続けます。

あなたが描き続けるために、とても大事なことなので。

 

私はあなたに、息長く、幸せな制作を続けてほしいと願っています。

真剣に。

 

なぜなら私が、画材代を捻出するのに苦労して、なかなか制作に集中できない時期を経験したからです。

 

もったいない時期を過ごしました・・・。

 

いまは大反省をして、豊かな暮らしを維持できるように勉強し続けています。

 

 

材料費に事欠いていた原因はこれです。

 

「お金の受け取り方が分かっていなかった」

 

これは、案外と分かっていない人が多いです。

人にあげるのは好きでも、受け取るのは下手っていう人は、本当に多いですね。

 

勉強すれば、あなたも受け取り上手になります。

大丈夫です。

気づいたときから、変わっていけます。

 

 

さて。

 

この記事の続きみたいな感じで書きますね。

miyamarisa.hatenablog.com

 

もしも受け取り上手な画家になりたいのなら、この行為は今日から禁止します。

 

 

「絵を人にあげる」

 

 

やってませんか?

 

個展をやったあとで、「あの作品、良かったわ〜」と褒められて、「じゃあ、あれ持っていてください」とか、やっていませんか?

 

断言します。

 

やってはいけません。

 

 

もしもあなたが、絵で利益を得られる人になりたいのなら、無料で自分の作品を人にあげないでください。

 

 

知り合いでもダメです。

 

親戚でもダメです。

 

これをやると、「売れない画家」への最短の道を歩めます。

冗談ではなく。

 

 

必ず値段をつけて、あなたの過去の努力や、作品として仕上がったものへの対価を得てください。

 

 

安価でもいいですので。

でもできれば、あなたが「正当だ」と思える値段で。

 

「それって、ケチっていわれませんか?」

 

って声が聞こえそうなので、説明しておきます。

 

これは「相手が得する、あなたが損をする」という話ではないのです。

 

あなたが美術作品を、どういう価値観を持って見ているのかという問題です。

 

 

ちょっと例を出しますね。

 

もしもですよ。

あなたの知り合いが、この先に大ヒット間違いなしの、次世代のパソコンを製作していたとして・・・

 

あなたはそれを気軽に「いいねー。無料で譲ってくれる?」と言うでしょうか?

 

次世代のパソコンでなくても、最新型の飛行機でもいいですし、最新システム装備の豪邸でも構いません。

 

あなたはそれを「いいと思ったから、無料でほしい」と言いますか?

もしくは、自分がそれを製作していて、誰かに無料であげたいと思いますか?

 

 

はい、ここで再確認してください。

分かっているつもりで、書いていきますからね。

 

美術品の価値は非常に高いのです。

 

あなたの作品の価値は、現在のあなたが自己認識しているよりも高いのです。

 

 

日本に住んでいると感じにくいと思いますが、海外ではアーティストの地位は非常に高いのです。

アーティストであると伝えると「すごいね!」とのリアクションは普通に返ってきます。

 

憧れの職業です。

めちゃくちゃ尊敬されます。

 

その認識に慣れてください。

 

あなたがこれから生きていく世界は、より一層グローバル化していくでしょう。

交流が盛んな国同士では、国境はあってないようなものです。

すでにそうなっているとも言えますね。

 

そんな世界が当たり前になるあなたが、いつまでも日本基準の思考で、行動しないでいいのです。

 

 

実際に「人にはあげない。必ず買ってもらう」という人はいます。

 

ある人に聞いたのですが、日本人で、世界的なアーティストになった男性は、まだ無名の頃から、作品を「人にあげる」ということをしなかったそうです。

 

相手がまだ収入のない学生であっても、値段をつけて、ちゃんと買ってもらっていたのだとか。

 

相手は学生です。

でもすでにアーティストである彼からすれば、作品を欲しがる人は、ちゃんと「お客様だ」という認識があるのです。

 

プロ意識を持つと、当然だと思えてきます。

 

 

なりたいものになる以前から、すでになったような態度をするのは非常に重要です。

こういうことは自己啓発系の本にも、ビジネス書にも書いてありますね。

 

未来の自分から現在の自分を見てください。

ハッタリではなくて、未来の予行演習をするのです。

 

でないと、いつまでたっても自分が無名である、自分のスキルの価値が無料であると、自分で認識してしまいます。

 

 

こういう話は、他の分野でもよく聞きます。

教訓として。

 

「無料でやってあげることが通例化して、誰も彼に価値を感じなくなり、その業界から消えていった」

 

とくに知的財産によって仕事をする人にとっては、よく考えなければいけない問題です。

 

 

無料って、扱い方を間違えると怖いんですよ。

 

これまで無料で作品を譲っていた人が、いきなり値段をつけても、なかなか買ってもらえませんよね。

 

「誰も買わなかったら、また無料で譲ってくれるだろう」

 

そんな期待が生まれるからです。

 

絵画だけではなくて、アルバイトでもそうですが、「これから、この分野で稼ぎたい」と願っているものに関しては、ぜったいに無料でスキルを提供してはいけません。

 

 

長くなってしまいました・・・。

でも大事なことしか書いていませんから、繰り返し読んでください。

 

そして堂々と、あなたの作品に値段をつけてください。

 

あなたは未来を作る、素晴らしいアーティストなのですから。

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ アトリエ・スタジオへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

 

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp