強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

公募展であと一押しするタイトルのつけ方

こんにちは。

宮毬紗です。

 

京都は雨です。

 

ソメイヨシノの桜は、これで散ってしまいそうです・・・。

あ、でも八重桜はまだ綺麗に咲いていますよ(*^▽^*)

円山公園の有名な枝垂れ桜は、今が満開です!

 

さてさて。

 

今日はのテーマは「作品のタイトル」についてです。

画題ですね。

 

プレゼントにする絵のタイトルのつけ方は、この記事に書きました。

miyamarisa.hatenablog.com

 

人に物をプレゼントするときに気遣わなければいけない大事なポイントが書いてあります。

ぜひ読んでおいてくださいね。

 

 

では・・・。

 

ここからは、公募展に出品するときのタイトルについて書きますね。

 

 

審査のときは、出品者の名前は伏せられることがほとんどです。

 

まあ・・・常連さんの多い公募展では、画風で、誰が描いたか分かってしまうことが多いですけどね・・・(^ー^;)

 

 

タイトルは口頭で発表されることがあります。

1次審査からのときもありますし、ある程度、作品数をふるい落としてからのときもあるようです。

 

耳慣れない外国語だと、意味がわからなくて不利かもしれませんね。

こういうタイトルは、お客様へ対面で説明できる展覧会向きだと思います。

 

 

実際にタイトルがないと、何を描いているのか分からない作品も多いですよね・・・。

私も審査員の先生から、「あれは何を描いていたの?」と、審査の後になって聞かれたことがありました。

 

もちろん落選した絵です。

 

上手い下手以前に、そこからの問題でした・・・。

 

撃沈。

 

自分では「きっと描きたいことは伝わるはず!」と思っているのですが、まったく伝わってなかったのです。

 

まあ、若い時はそんな感じでいいです。

よくあることです。

 

「自分なりに面白い表現」とか「自分なりに抽象化した表現」は、それを初めて見る人には、なかなか伝わらないと心に刻んでおいてください(涙)。

 

ここ大事です・・・。

審査員の理解力に依存しすぎてはいけません(^ー^;)

 

 

でもですね!

 

自分の思いは伝えたいですよね。

何を描きたかったのか伝わらないことには、審査の土俵にも上がれませんから。

 

それを伝えるために、タイトルを工夫しましょう。

 

とにかくですね。

 

これをおさえれば、ほぼ間違いありません。

 

「絵で伝えたいイメージを言葉にする」

 

タイトルの要はこれです。

 

イメージを言葉にするんですよ。

  

たまにですね・・・

 

キュウリを描いて「胡瓜」というタイトルをつける人がいます。

 

・・・・。

 

胡瓜って、見て分かるやん。

 

よほど珍しい胡瓜やったらともかく、普通の胡瓜やん。

図鑑やないんやから、そこまで説明してもらわんでええねん・・・。

 

このパターンは避けましょうね。

せっかくのタイトルの価値が下がります。

 

 

絵の説明というよりも、あなたが「こういう気持ちを描きたかった」という、インスパイアーされた出来事などをタイトルにするといいですね。

 

あなたは何かに感動したり、ショックを受けたり、それに心を動かされて描こうと思ったのですよね。

そのときの心情や、それに対して連想した言葉をタイトルにしましょう。

 

そのものの説明よりも、あなたの描きたかった本質が伝わるはずです。

 

例えば。

 

桜が咲き乱れる山を描きたくなったのは、なぜでしょう。

 

故郷の山を思い出したから?

その山を見ていた、幼い頃の気持ちを思い出したからかもしれませんね。

 

でしたら・・・

 

そんな絵のタイトルは、『桜が咲く山』ではなくて『仰ぎ見た春』『老いた母の住む里』などの方が、あなたの描きたいものが伝わります。 

 

あなたの心の状態と、そのモチーフを描こうとした動機に焦点をあててみてください。

 

 

ほかの分野のタイトルも、ぜひ勉強してみてくださいね。

とくに小説音楽のタイトルは参考になると思います。

 

タイトルの工夫次第で、深く人の心に残る名作となる可能性が、多いにあります。

タイトルは作品のなかへ人を導く入り口です。

 

ぜひよく考えて付けてくださいね。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ アトリエ・スタジオへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

京町町家で学ぶ絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp