強烈に愛される画家になるための特別講座

画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)が教えるファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

無理に売り込まなくていいんです

こんばんは。

宮毬紗です。

 

グループ展をする画家さんから、こんな悩みを聞きました。

 

「押せ押せで売り込める人が羨ましいです・・・私はあそこまで押し売り出来ません」

 

気持ちはよく分かります(*^。^*)

 

男性のお客様に、ちょっと強引な感じで作品を買ってもらう女性がいると、まだ自分が1点も売れていない場合は焦りますよね。

 

展覧会の最終日で、周りの作品に赤シールがついているのに、自分の作品にだけは何もついていないと、ほんっとに胃が痛くなると思います。

 

・・・でもですね。

 

その販売の方法がすべてではないんですよ。

売れている誰かの方法を取り入れなくていいのです。

 

 

画廊・ギャラリーのなかには、確定した情報かどうかも分からないのに、

 

「もう次に買いたくなっても、今の値段では買えませんよ」

 

などど、今すぐに買わないと損をするような設定で買い手を煽り、購買につなげるところもあります。

 

そうなればいいのですが、そうならないこともありますね。

私は一切言いません。

 

綺麗事に聞こえるかもしれませんが・・・

 

良い作品は無理に売り込まなくても売れます。

 

法外な値段がついていたら別ですが、適正な価格の良質な作品は、展覧会をしても真っ先に売れていきます。

 

そういう作品は展示している時から分かります。

作品が生きていて、光を放っている感じがします。

 

あなたがすべきことは、まずは良い作品を描くことです。

 

厳しい言い方ですが、いくらあなたが売り込み上手くなっても、しょ〜もない作品は売れません(^ー^;)

 

家に飾りたいと思わない作品は、売れないんです。

 

逆に言えばですよ。

 

押せ押せで売り込みをして、売れている作品は、黙っていても売れるか売れないか」のボーダーライン上にあるのです。

ちょっとばかり「売れる」の方へ、画家の人間的な魅力で押しているわけですね。

 

 

売り込みが下手だと嘆く前に、作品の魅力を増す努力をしましょう。

 

そのためには、押せ押せで売れた作品と、自分の売れなかった作品はどこが違うのかを、嫉妬心や劣等感を捨てて、よく観察してみてください。

 

色は?

構図は?

モチーフの種類は?

大きさは?

額装は?

タイトルは?

 

売れている作品は、なぜ売れたのでしょう。

なぜ人が欲しいと思ったのでしょう。

 

売れている絵を観察し続けると、人が欲しいと感じる絵の法則が見えてくると思います。

 

逆に、売れない絵も見ていくと、売れない理由も見えてきますよ。

「大きくて飾りにくい」とか「販売する季節に合わないモチーフ」だとか。

 

その違いが分かるようになったら、あなたの絵は必ず売れていきます。

 

無理に売り込まなくても大丈夫になる日が来ます。

めげないで、ファイト!(*^▽^*)

  

 

にほんブログ村 美術ブログ アトリエ・スタジオへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

京町町家で学ぶ絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp