読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

強烈に愛される画家になるための特別講座

これから画家になりたい人必見!京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年、一晴画廊オーナー)のネットで学べる絵画教室

「ヌードを描く私を妻や娘が冷たい目で見ます」問題は美術の裸体画の問題にリンクしている(2)

こんにちは。

宮毬紗です。

 

この記事の続きです。

miyamarisa.hatenablog.com

 

「視る」

「視られる」

 

誰かを視る。

誰かに視られる。

 

この「視る」「視られる」という関係は、権力関係を示すものでもあるのですよね。

 

ちょっと怖い話になりますが、監獄を例に出しますね。

一箇所からすべてが展望できるパノプティコンを参考にしてみましょう。

図版はこちら→パノプティコン - Wikipedia

 

看守が囚人を見張るために適した建築様式になっています。

建物の中心にいる看守が、周縁の囚人を監視しています。

 

このときには、視る人の立場が絶対的に上なのです。

 

囚人は「視られる」人です。

視られる立場になることで、力を剥奪されているのです。

 

ではもうひとつ。

神の図像と人間の「視る」「視られる」の関係を見てみましょう

 

イコンの中のキリストは、絵の鑑賞者と視線を合わさないように描かれています。

図像はこちら→イコン - Wikipedia

 

絵の前に立っても、神の図像とは、人は目が合うことはないんです。

 聖母マリア天使は、鑑賞者の方を向いていたとしてもです。

 

イエス・キリストは私たちを視ることはありません。

 

神は人間と視線を合わさないのです。

 

これはイコンを描くときの定型になっています。

「目を合わさない」という約束があることで、鑑賞する人も「これは神が描いてある」と分かりますね。

 

さて、例はこのくらいにして・・・

 

「視る」

「視られる」

 

誰が視られているのか。

誰が視ているのか。

 

このことを意識して絵画を鑑賞していくと、絵画の中の視線の行方をコントロールすることが、権力のプロパガンダに繋がっていることが見えてきます。

 

絵画の構図によって、誰が誰の支配下にあるか示せるのです。

もちろんそこには、その絵画を視ているあなたとの関係性も含まれます。

 

特にですね。

教会に描かれている絵画は、信者の教育のために使われていました。

プロパガンダの要素が強いのです。

 

 

・・・かなり専門的な話になりましたね(^ー^;)

 

ここらで、ヌードの話に戻りましょうね。

 

 

(1)で取り上げた絵画、<スザンナの水浴>を思い出してください。

miyamarisa.hatenablog.com

 

ここで絵画を取り巻く3者の関係を取り上げました。

 

絵画の中の「ヌードの女性」

絵画の中「ヌードを視る男性」

絵画の外にいる「ヌードの女性とヌードを盗み視る男性を視ている鑑賞者」

 

さて。

わかりやすくなるように、現実の問題に置き換えて考えてみましょう。

 

ヌードモデルは、

絵画の中の「ヌードの女性」です。

ヌードを描いている旦那さまは、

絵画の中「ヌードを視る男性」です。

 

画中では、スザンナの水浴を盗み見する中年男性として描かれています。

・・・ヌードデッサンは盗み見ではないのですが、まあ、あくまでも例えです。

 

「女性のヌードを描く夫を許せないんです」 と怒っている奥様は

「ヌードの女性とヌードを盗み視る男性を視ている鑑賞者」です。

 

男性を視ているので、鑑賞者の方が権力は上なんです。

絵の中では「盗み見」という犯罪を犯している男性を見ています。

 

視ることで、彼らが罰せられる立場であることを示しています。

 

この奥様の立場は、前出したパノプティコンの監修者にも置き換えられるのです。

 

この「視線のコントロールにより権力関係を示す」という意識は、明治時代からの西洋文化の輸入を通して、日本のメディアにも浸透しています。

 

視線の先に、何があるのか。

何へ視線を招かれているのか。

そこには、どういう意図があるのか。

 

特に西洋絵画には、何らかの意図が隠されています。

絵画は政治、宗教とも深く結びついていますから、何をプロパガンダしたかったのか、当時の歴史と共に読み解いていくと、さらに興味深い事実が分かったりします。

 

今回は、ちょっと難しかったですね(^。^;)

次回は楽しい記事を書く予定です。

 

ということで・・・

 

「女性のヌードを描く夫を許せないんです」

 

という妻のキツ〜い一言は、ある意味、夫婦の権力関係をよく表している気もします・・・。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ アトリエ・スタジオへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

京町町家で学ぶ絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp