読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

強烈に愛される画家になるための特別講座

これから画家になりたい人必見!京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年、一晴画廊オーナー)のネットで学べる絵画教室

落選した絵をどうするのか/落ち着いた搬入をするためのレッスン

こんにちは。

宮毬紗です。

 

公募展やコンペで落選した絵を、あなたはどうしていますか?

 

見るのもイヤになって、すぐに片付けてしまっていますか?

 

私の知っている画家さんで多いのは、「足りないと感じたものを描き足す」「画面を洗って(または消して)描きなおす」

 

描きなおして、違う公募展に出品する画家さんもいます。

 

もしもあながた、落選した絵をすぐに片付けてしまっているのなら、ぜひこれからは、描き直したり、描き足したりしてみてください。

 

なぜそれが有効なのか、説明しますね(*^▽^*)

 

搬入直前は、少し熱に浮かされている状態です。

焦ったり、いつも以上の結果を狙ったり。

平常心ではないことが多いですね。

 

そこで描き終えたものが100点の出来になればいいのですが、たぶんこんな気持ちになる人もいるのではないでしょうか。

 

「まだ時間があったら、ここも、あそこも手を入れたかった」

 

未練を残して搬出するのです。

私も多々ありました・・・(^ー^;)

 

だからこそ。

 

その絵が落選した場合は、ぜひその「手を入れたかった」という箇所へ、実際に手を入れてみてください。

 

するとですね、あることが分かると思います。

 

「最初から、そうすることができた」

「意外と時間がかからなかった」

 

じつは、実行不可能な状態ではなかったのです。

 

これは、絵の完成図が曖昧なときに、よく起こります。

 

目標とする画質になるまで、どのくらいの時間が必要か分かっていない人は、どれだけ時間があっても間に合わないのです。

手探り状態なので、完成までどんな制作過程を通るのかが決められず、それにかかる時間も、事前に予測できません。

なので、「こうしたい」という状態にするまで、無駄な作業をしていることが多いのです。

 

目の前の出来不出来に惑わされて、無計画に手を入れ続けると、いつまでたっても絵は完成しません。

言えば「行き当たりばったりな制作」なんです。

 

この方法での制作をすると、搬入に間に合わないことが多いのです。

 

 

 

そうならないために、どういう制作をしていけばいいのか、ぜひ一度、よく考えてみてください。

 

これは本当に、落選した絵で、一度試してみてくださいね。

「あと1日あれば」という願いが、実は必要ないことがわかります。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ アトリエ・スタジオへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

京町町家で学ぶ絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp