読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

強烈に愛される画家になるための特別講座

これから画家になりたい人必見!京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年、一晴画廊オーナー)のネットで学べる絵画教室

出品作家さん用記事:与えられたテーマを深める

こんにちは。

宮毬紗です。

 

企画展をお願いしている出品作家さんに向けた記事です。

 

展覧会のテーマが決まっている場合、それを自分の中でどこまで深めていけるのかで、展覧会の質が決まると言っても過言ではありません。

 

特に、少し難解なテーマをもらっている作家さんは、塾考する時間と、制作を開始しなければいけない時期のスケジュールの組み方に注意してくださいね。

 

できれば、考える時間は多くとってください。

 

毎日考えてください。

その考えをメモに取るなど、記録しておいてください。

これは打ち合わせのときに持参してくださいね。

 

反故にしそうな小下絵も合わせて見せてもらえると、思考の過程が分かります。

あなたに、新しい視点を渡せますので、できればすべて持ってきてください。

全部広げながら、打ち合わせしましょう。

 

何を考えるのか。

まずはそのテーマの本質が何か、ということです。

 

ただ形骸を絵に描き起こすのとは違います。

そのテーマの本質、軸になっているものを見つけてください。

 

正解でなくてもいいのです。

あなたが見つけ出したもので構いません。

 

それを自分の中で消化して、自分の絵の言葉に変えるのです。

 

打ち合わせは、小まめにやりましょう。

希望する日時を申し出てください。

時間が許す限り、何度でも付き合います。

 

一緒に最高のパフォーマンスを仕上げていきましょう。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

京町町家で学ぶ絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp