読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

強烈に愛される画家になるための特別講座

これから画家になりたい人必見!京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年、一晴画廊オーナー)のネットで学べる絵画教室

出品作家さん用記事:打ち合わせで何をするのか

こんにちは。

宮毬紗です。

 

出品作家さんに向けた記事です。

 

この記事で、打ち合わせでは反故にしてしまうような小下絵も見せてくださいと書きました。

miyamarisa.hatenablog.com

 

打ち合わせでは、どんな絵を描いてほしいのか、私が指示することはありません。

誤解をされている画家さんも多いのですが、こんな指示は出しません。

 

「花の絵にしてください」

「明るい色にしてください」

 

してくださいと言ったところで、あなたはそれを描きたくなりますか?

 

私は画廊のオーナーですが、私自身も制作をしますので、注文されたままに描く難しさを経験しています。

 

やはり「今これを描きたい」と気持ちが乗るものでないと、筆の勢いが落ちます。

絵から精彩が消えます。

 

では打ち合わせで何をするのかというと、あなたが、なぜそれを描こうとしているのか、思考の過程を見ながら、り一層ファンの方へ伝わりやすい形にすることのサポートをします。

 

たまに聞かれますが・・・

 

売れる絵の描き方は教えません(笑)。

 

好まれる傾向を伝えることはありますが、あくまでも、あなたの資質を伸ばすものだけに限定されます。

売れるテクニックは、あるにはあるのですが、それを教えたところで、あなたが息長く活躍できる画家になるかは、ちょっと考えてしまいます。

 

あなたが息長く愛される画家であるための打ち合わせです。

「とにかく、その場で売りまくりたい」なんてことを目論むと、その企画はほぼ失敗に終わります。

 

なぜだと思いますか?

 

それは、制作態度に一貫性を欠いていくからです。

人は容易には揺るがないものに感動を覚えます。

「頑固」とは違いますよ。

時間をかけて構築されていったもの、洗練されていったものに感動するのです。

 

売るために、その場しのぎで絵を変える人は、早晩消えていきます。

それは、あなたが目指す道ではないと思います。

 

 

私があなたに声をかけたということは、あなたが、人を感動させたり、幸せな気持ちにさせる種を持っているを見つけたということです。

 

自分の好きに描けばいいと思っている人、絵で人と繋がりたいとは思っていないという人には声をかけません。

 

ではその種を、どうやって芽生えさせるのか。

どの環境がいいのか。

どんな早さがいいのか。

より良い環境になるように、あなたと相談していくのです。

 

そのためには、あなたが何を考えて、何に感動し、何を求めているのかを知りたいのです。

あなたの進みたい道から外れないように。

 

あなた自身が、自分で進む道を見つけていくのですよ。

どんな絵にするのか、最後はあなたが決めるのです。

 

なので打ち合わせは、人によって時間が変わります。

回数も変わります。

 

私はあなたが納得いくまで付き合います。

あなたの本気を、取りこぼしません。

より良い展覧会にしていきましょう。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

京町町家で学ぶ絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp