強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

たまには無理してみる

こんにちは。

宮毬紗です。

 

 

人は負荷がかかるときに成長します。

苦しみを乗り越えたとき、もがいた後などに、大きく成長しています。

 

安易で、不足感を覚えないものに対しては、成長しようという意欲を覚えません。

 

この言葉に、ハッとする人もいるはずです。

 

「慣れる」

 

この状態で制作しているときは、ちょっと危ないですね。

クリエイティブな状態ではなく、作業化しているかもしれません。

慣れてしまうと、感動もなくなりますからね。

 

 

制作の負荷は自分で作り出せます。

 

いつもとは違う色を使ってみる。

いつもとは違うモチーフを描いてみる。

 

たまには「いつもと違って、スムーズにはできないこと」をやってみてください。

 

そこに、何か発見があると思います。

「なぜいつもと違うものをやっているのか」ということを意識し、制作している自分に向き合っていれば、必ず気づきがあるはずです。

 

これは「なんとなく」な感じで、やらないほうがいいですね。

「上手い絵を描くためではなく、気づきを見つけるために、違和感のある画法をやっているのだ」との意識を強く持ちながら描いてくといいですよ。

 

でないと、「うまくいかない」と気分が落ちてきて、嫌になってくる人もあるので・・・(^ー^;)

私のことです(笑)。

 

「なぜそれをしているのか、それによって何を得ようとしているのか」

 

自分がしていることの意味を考えながら制作することは、いつでもやって欲しいことです。

 

 

あなたの能力を、フルに生かしてください。

あなたの持っている能力を底上げするのです。

 

ある一点の長所を伸ばし続けるのも、非常に大事です。

ももう一方で、「まったく手をかけていない、未知の自分」へも、時々は手をかけてみて欲しいのです。

 

案外とそこに、あなたがもう一歩先の段階へ進むのに必要な、大事なヒントが隠れていたりします。

 

絵画教室の生徒さんを指導した経験から感じるのですが、多くの場合、あなたの「あと一歩」に足りないものは、今のあなたの、思いもよらない場所、けれども、あなたがあと少し視点をずらせば、すぐ手の届く場所にあるものです。

 

どんどん成長し続けてくださいね(*^▽^*)

あなたの伸びていく様子を、いつも楽しみに見ています。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

京町町家で学ぶ絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp