強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

デッサンの勉強は必要なのか

こんにちは。

宮毬紗です。

 

今日は絵画教室でもよく質問される、この問題がテーマです。

 

「画家になるためには、デッサンの勉強は必要なのか」

 

これはですね・・・・

 

「デッサン」という形式を学ぶという意味では、必要ありません。

 

ここで言う「デッサン」とは、目で見えたままの形を鉛筆やコンテなどで写し、陰影をつけていく技法です。

この技法を習得しなければ、画家と名乗ってはいけないとか、絵が売れないとかは、まったくありません。

 

ほかの絵画教室では「デッサンができないと、どうにもならない」と教えているところもあるようですが、そんなことはないです。

 

ただし。

 

デッサンの勉強によって、画家として必要な技術や心構えの訓練は、大いにできます。

 

例えば、頭の中に思い浮かんだ絵を形にする技術です。

デッサンの練習をすることにより、思い浮かんだものを、平面に写し出す力を磨けます。

見たもの、すなわち脳が認識しているものを、平面へ描くレッスンです。

 

そして何よりも、対象物をよく見る練習ができます。

 

人は物をよく見ているようで、ほぼ見ていません。

先ほど会った人の服を、どこまで正確に覚えていますか?

いつも通う道の風景を、どこまで正確に描写できるでしょう?

 

記憶の問題もありますが、パッと無意識に見ているだけでは、気になるもの以外、細部はそれほど見ていなかったりします。

 

絵画教室でも、いつも飾っているような花の絵を描くときに、

「こんな花びらの付き方だったのですね。今まで、ここまでじっくりと見たことがありませんでした」

と驚く生徒さんが多いですよ。

 

いつも見ているものでも、興味関心のある部分しか認識していません。

 

纏めると・・・

 

画家を目指すために描くデッサンは、紙にモチーフを美しく写すことが大切なのではなくて、描いている間にモチーフを「よく見る」ことが一番の要になります。

 

あとは、手の訓練です。

いつも自由に、思ったような線が描ける手になるように、デッサンで鍛え続けるのです。

 

 

デッサンをまったく学ばないで、世界的なアーティストになった人たちも多くいます。

世界的に見ると、デッサンの勉強は、クリエイティブな仕事をするときに、まったく必要ないテクニックであるとも言えます。

 

ただし、美大芸大の入試にも採用されいるように、自分がどの程度の、アカデミックな造形的素養を持っているのかの目安にはなると思います。

 

一度もデッサンの勉強をしたことがないという人は、やってみてもいいですね(*^。^*)

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

京町町家で学ぶ絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp