読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

強烈に愛される画家になるための特別講座

これから画家になりたい人必見!京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年、一晴画廊オーナー)のネットで学べる絵画教室

落選続きの人は「それ」を言語化できない

 

こんにちは。

宮毬紗です。

 

出品作家さん用の記事にしようかと思いましたが、大事なことなので、オープンにします。

(出品作家さん用の記事は、一定期間が過ぎたら非公開にする予定です)

 

あなたの絵が、公募展やコンクールなどで、なかなか評価されない、思うような結果が出ないのは、なぜだと思いますか?

 

「下手だから」

「才能がないから」

 

そんな思考停止状態の答えを考えていませんか?

 

違います。

戦略が甘いからです。

 

そもそも、戦略すら立てられない人が多いです。

 

公募展やコンクールは競争の場なのです。

選ばれる場です。

 

なかには「コンクールであっても、思うような絵を描けばいい」と言うような人もいますが、その前提には、すでに優れた芸術として成立する絵画性があるのです。

 

それが無い人と、一緒にしてはいけません。

 

 

落選続きの人は、

 

「なぜ落選したのか、その理由を言語化できない」

 

という特徴があります。

 

 

前出した「才能がないから」「下手だから」に加えて、「絵が弱いから」「目立たないから」と、ごく一部の要素しか見えていません。

 

そして、入選した人、入賞した人の絵を見て、なぜその結果になったのかを分析できていません。

 

落選した要素も見えていませんが、結果が出る要素も見えていないことが多いのです。

 

気になるのは、「コネがあるから」「塾同士の力関係」など、絵画性に関係ないことによって評価が出たと決めつけてしまう傾向です。

 

本当にそれだけですか?

100%そうなのですか?

よく事実を見てください。

 

なぜその絵が評価されたか。

評価されなかった絵と比較して、言語化してみてください。

曖昧な感覚を、きちんと言葉にするのです。

 

辛いかもしれません。

悔しいかもしれません。

 

でもそれが出来ると、あなたの絵に足りないものが、クリアに見えてきます。

技術なのか、内容なのか。

あなたの絵で、どちらを磨くべきなのか分かることは、公募展やコンクールの入選、入賞を狙うときに、非常に重要なのです。

 

それを知ることが、戦略の第一歩です。

 

厳しいことを書きましたが、それはあなたに入賞、入選してほしいからです。

なんとなく描き続けて、なんとなく入選、入賞を期待し続けて、やはり手が届かなくて落ち込み続けて欲しくないからです。

 

本当に欲しいものがあるときは、自分に厳しくなってください。

もっと、徹底して入賞、入選した絵に食らいついてください。

 

「自分らしさを大事にする」とか「やりたいことを大事にする」とか、個人主義に漫然と染まっていないで、自分の結果と希望のズレを直視して、そのズレを生んでいるものを見つめ続けてください。

 

毎日、入賞した絵を見続けてください。

「もう分かった。何も見なくても模写できてしまう」と思うまで。

 

自分の絵になるまで、他人の絵を見続ける経験をしてください。

 

本気で欲しがって、必死で手を伸ばすということは、これまでの自分がしなかったことをするということです。

もう無理だと思うところまで。

 

あなたなら、必ずできます。

やれます。

やれるまで付き合います。

 

 

非常に大事なことを書いていてしまっています。

やはりこの記事は、そのうち非公開にすると思います。

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

京町町家で学ぶ絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp