強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

「悪くない絵」を卒業するために

こんにちは。

宮毬紗です。

 

画廊で絵を展示していると、「惜しいな」と思う絵があります。

 

色も悪くない。

モチーフも悪くない。

構図も悪くない。

 

でも動かない。

(動く=売れる)

 

あとで印象にも残らない。

 

 

悪くない絵に多く共通するのは「強さ」の不足です。

 

強さとは、色彩が強烈であるとか、構図が大胆だとかいう意味ではありません。

 

「しつこさ」

 

とも言えます。

 

絵に対しての取り組み方が、アッサリしているのです。

 

「あともう少し、塗り込んだらいいのに」

「あともう少し、構成を練ったらいいのに」

 

見ていて、そんな感想を抱きます。

時間不足もあるかもしれませんね。

 

 

よくあるのは、「こんなものでいいだろう」見切りをつける基準が低いことが原因で、印象に残らない絵になってしまっている場合です。

 

「こんな構成でいいだろう」

「こんな塗り込み方でいいだろう」

「こんなくらいの細かさでいいだろう」

 

あともう一歩、絵に対して踏み込まなければいけないという意識がないのです。

 

 

意識を上げるために、絵画教室でも、古今の名画を一枚でも多く見てくださいとお願いしています。

優れた作品を、時間が許す限り目に焼き付けてくださいと。

 

画家志望なら、なおのことです。

厳しいことを言いますが、知り合いの展覧会を回って、同窓会をする時間があったら、名画を見る時間を増やしてください。

 

「成功していない者同士で群れている間は、決して成功しない」

 

これを心に焼き付けてください。

 

美術館、博物館で、絵の構図を模写しながら鑑賞しましょう。

小さなクロッキー帳に鉛筆で簡単に絵を写すのです。

 

すると、これまで見えてこなかった、絵の秘密が見えてきます。

 

絵を完璧に写すことが目的ではありません。

写すことで細部までよく見るのです。

 

何よりも、あなたの「絵とは、こう描くのだ」という認識の基準が上がります。

 

 

「悪くない」人は、印象に残りません。

自分の個性を追求し、磨き抜いた人が「忘れがたい人」になります。

 

あなたの絵も、「忘れがたい絵」になるまで、磨き上げてくださいね。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

京町町家で学ぶ絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp