読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

強烈に愛される画家になるための特別講座

これから画家になりたい人必見!京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年、一晴画廊オーナー)のネットで学べる絵画教室

自由な精神の画家が残る

こんにちは。

宮毬紗です。

 

先日、作家さんとの打ち合わせをしていて、ある新しい試みをすることになりました。

それをすることで、その画家さんも、さらに上のステージに進むでしょう。

 

打ち合わせをしていて、どんどんアイデアを出してもらえるのは嬉しいです。

生き生きした打ち合わせを重ねた展覧会は、必然的に活気が生まれます。

 

イデアは、前例のない、突拍子もないことでもいいのです。

 

むしろ、多くの人が「それは無理でしょう」とギョッとするくらいのアイデアが、本当にやるべきものだったりします。

 

 

打ち合わせで一番困るのが、

「お任せします」「そちらのいいようにやります」

と言われてしまうことです。

主体性がない態度ですね。

 

これは多いです。

最初に「好きなようにやらせてほしい」と言う人はゼロですね。

私は、好きなようにやりたいと、ダメ元でも主張できる人の方が好きですが(*^▽^*)

 

一見、従順な態度をしている画家さんは、画廊・ギャラリー側との摩擦がなく、仕事がやりやすいように思えます。

 

ですが、まったく逆です。

私の場合は、やりにくいです。

 

あとで、双方の不満が噴出してくるのは、従順タイプの画家さんとの仕事です。

 

こういう文句が出てきます。

「言われる通りにやったのに」

これもまた、主体性がない考え方です。

自分で判断して、それを選ぶという意識を放棄しています。

 

一方的に「任せる」と、相手へ印籠を渡してしまうのは、ある意味で、誰も責任を負わない状況です。

相手が「任せてほしい」と受け入れない限り、一方的に「任せます」と、責任も自由も明け渡したところで、物理的にも、精神的にも、責任の所在が不明なままなのです。

 

どのような仕事であっても、この状態でうまくいくはずありませんよね。

ある職場で、「周りの言いなりになります。上の人に逆らいません。使いたいように使ってください」という社員がいたら、どうでしょう。

その社員が企画する事業は、成功すると思いますか?

絵の仕事だけが別だということはないのです。

 

友人関係でも恋愛関係でも、相手の言いなりになる、関係を任せきってしまうと、いずれは破綻します。

DV被害に遭いやすいのは、主導権を相手に明け渡してしまう人です。

とくに女性に多いのですが、恋愛でも、相手の顔色を見るようになると、次第に精神が疲弊していきます。

そこで我慢を重ねると、ドカンと一気に爆発して、これまで積み上げたものを台無しにしてしまうこともあります。

  

私も自戒していますし、それでも忘れてしまう人も多いのですが、画廊・ギャラリーとの付き合いも、結局は人間関係なのです。

恋愛関係、夫婦関係にも似ています。

出会って、惹かれ合い、一緒に作品を世に送り出す共同作業をやるのですから。

 

 

打ち合わせでは、やってみたいことを、自由に発言してください。

ダメなものはダメと言います。

やる価値があるけれど、今は無理なものなら、次の企画で声をかけるかもしれません。

 

自由な精神で、息長く、活躍していける画家になってくださいね。

 

  

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

京町町家で学ぶ絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp