強烈に愛される画家になるための特別講座

画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)が教えるファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

発想力がある人の、公募展での落とし穴。

こんにちは。

宮毬紗です。

 

前々回の記事で、こんなことを書きました。

miyamarisa.hatenablog.com

 

「公募展における新鮮さは、まったく見ず知らずの新しいものではなくて、見慣れたものが、少し違うものへ移行したときに効果があります」

「見たこともないようなものは、警戒されることがあります」

 

これについて、もう少し説明しますね。

 

新しいものを作り出して評価されたい人は作品中に、まだ自分だけしかしていない、新しい表現を欲しています。

自分だけの、オリジナルな表現ですね。

発想力に自信のある人は、特にそういう傾向があります。

 

ただし。

これは日本の公募展においては、諸刃の剣になり得ます。

 

なぜなら・・・

 

これまでに誰も見たことがないものは、即座に評価しようがないんです。

それが評価に値するものなのか、それとも、ただ物珍しいものなのか、すべての審査員が瞬間的に判断できるでしょうか?

 

審査されるシーンを、審査員の視点で想像してみてください。

それぞれの審査員には、それぞれの絵の好みがあります。

弟子を多く抱えている人もいるでしょう。

審査員同士の派閥もあったりします。

 

リアルに想像できましたか?

そんな場面で、「これまでに見たこともないような絵」は、どのように目に映るでしょう。

 

そうそう。

審査の時間を考えてみてください

搬入数の多い展覧会だと1次審査は数秒ほどです。

 

たった数秒で、次々と流れてくる絵を「アリ」「ナシ」と評価するのです。

この難しさ。

ぜひリアルに当事者の気持ちになってみてください。

 

慎重な審査員が多いと、まったく未知の様式の作品には、「ここは一度見送ろう。もしもまた来年も出品してきたら、そのとき考えよう」という流れになったりもします。

一度出品して絵を覚えてもらうという効果ありますが、見送られてしまうのは寂しいですね。 

 

 

新しいものにチャレンジするのは、とても良いことだと思います。

ですが、搬入数が多くて、評価する人が熟慮できないシーンに、意図が伝わりにくい絵を出品するのは、あまり得策ではありません。

 

「どこに、どんな作品を出品するのか」

 

この戦略を間違えないようにしましょう。

相手が欲しいと思っているものをプレゼンできる力は、画家にも最低限は必要です。

 

 

私は、新しいものを生み出す発想力のある人ほど、すでに評価された先人たちの絵画様式を勉強してほしいと願っています。

まったくの真空では、新しいものは生まれませんよね。

私たちの発想は、何らかの土台の上に出来上がっていきます。

その土台を、すでにある名作を使って作り上げていくのです。

 

模写が一番いいです。

そのままそっくり模写しなくても、簡略化したもので構いません。

同時に絵画理論学べるといいですね。

なぜその絵が、その時代に高く評価され、時代を経た現代でも名作として人の心を打つのか。

作品の背景を知ることは、あなたの画家人生の成功に、非常に役立っていきます。 

 

時代の波に消えていった絵もありますよね。

なぜこの絵が、現在も評価されているのか、模写をしながら、ぜひ探ってみてください。

これが分かると今の公募展にどんな作品が求められているのかが分かってくるとおもいます。

 

模写の効果は絶大です。

審査する画家や評論家などが見慣れた「優れたものが持つ要素」の中に、あなたのオリジナルな工夫が入ったときに、「基礎はしっかり出来ている、でも新しさを感じる絵」になるのです。

発想力に自信のある人ほど、模写を徹底してやって欲しいと願っています。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

京町町家で学ぶ絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp