強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

あなたを縛るものはいらない

こんにちは。

宮毬紗です。

 

あなたは、あなたが想像している以上の可能性を持っています。

 

多くの人は、自分の潜在能力の限界を認識できていません。

限界でもなんでもないところで、「もう無理」「そんなことはできない」と決めつけています。

 

あなたが真剣に「やりたい」と願っていることは、ほぼ実現可能です。

心底から「それが出来るようにならなければ、もはや自分ではない」と感じられるレベルのことは、他人が「そんなことは無理」と言おうが、実際にやれるのです。

 

では、なぜ今は出来ていないのでしょう?

 

多くの場合、プロセスに縛られている人が、このジレンマに悩んでいるように見えます。

 

「デッサンができないと画家になれない」

「絵を描くには、まずは細密なスケッチをしなければいけない」

「色は何回も塗り重ねないといけない」

 

しなければいけないことを、たくさん決めています。

 

でも本当に、あなたがそれをしなければいけないのでしょうか?

大学での指導や、人の制作に影響されたりして、「しないといけない」と思い込んでいるだけではないですか?

 

その思い込みを、一度外してみてください。

 

極端に言えば、結果がなかなか出ない人は、やらなくていいことをやり過ぎています。

やらなくていいことで時間を奪われ、やるべきことへ注ぐ時間がなくなってしまいます。

「下絵に時間を奪われて、最後の仕上げが疎かになる」といったように。

 

 

どの分野でも、仕事の早い人、高い評価を受ける人は、やらなくていいことを見極めるのが上手いのです。

 

「やるべきこと」ではなくて、「やらなくていいこと」を探しています。

 

やりたいことで結果を出すためには、不要なことを徹底して洗い出し、エネルギーや時間を浪費する「無駄」を排除していく必要があるからです。

 

あなたを縛っている、やらなくていい作業を、次の制作ではやめてみてください。

そして、やるべきだったのに、時間がなくてやれなかった作業に注力してください。

 

これまでとは違った結果が出ると思いますよ(^ー^)

 

 

そうそう。

やらなくていいけれど、どうしてもやってしまうことは、そちらの方が「あなたが本当にやりたいこと」なのです。

 

「鉛筆で細密な下絵を描くのが、どうしてもやめられません」

 

そんな場合はですね・・・

 

その状態が完成形になる絵画にしてしまうのです。

あなた独自の魅力は「そこまでしなくていいと分かっているのに、どうしてもやってしまうこと」に隠れていたりするのですよ(*^▽^*)

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

京町町家で学ぶ絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp