強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

売れるために、好きなものしか描かない

こんにちは。

宮毬紗です。

 

画家さんに、こんな事を聞かれます。

 

「売れる絵を描かないといけないのですか」

 

はい、もちろんです。

 

売れる絵というのは、人が「これが欲しい」と強く感じる絵です。

手に入れたくなるほど、心を動かされる絵ですね。

 

誤解している人が多いのですが、これは間違っていますよ。

 

「売れる絵≠好きに描く絵」

 

正しいのは、これです。

 

「売れる絵=好きに描く絵」

 

心底好きなものを、思う存分好きに描かないと、人の心を動かすまでのエネルギーはこもりません。

輝きもありません。

 

好きなものに、思いっきり集中するので、あなたの絵から、キラキラしたエネルギーが溢れてくるのですよね。

 

ただしですね。

こんな声も聞くのです。

 

「好きなものを描いているのに、まったく売れません」

 

こういう場合は、「好き」の掘り下げ方が足りていません。

 

「なんとなく好き」

「どちらかといえば好き」

 

その程度の「好き」は、クリエィティブな仕事をする人が持つ「好き」とは違います。

 

例えば、アニメが好きなら、どんなアニメが好きなのか。

そのアニメの、何が好きなのか。

動きなのか。

トーリーなのか。

陰影のつけ方なのか。

色調なのか。

ほかのメディアと何が違うから惹かれるのか。

 

そういうことを、徹底的に追及していくのです。

 

自分が何を好きなのか、はっきりと分かっていない画家さんは、けっこう多いです。

それの何が好きなのか追及していくと、言葉に詰まってきます。

本当に好きならば、聞いている相手を圧倒させるくらい言語化できるようにしておいてください。

 

語彙力の豊かさと、芸術性の高さがリンクしているのは、世界中の優れたアーティストが残した文章を見ていてもわかりますよね。

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

京町町家で学ぶ絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp