強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

特別な人になる秘訣

こんにちは。

宮毬紗です。

 

画家さんの中には、こんな不安を抱いている人がいます。

 

「ライバルが多すぎます」

「このままでは、大勢の中に埋もれたままです」

 

大丈夫です(*^ー^*)

そんな不安は、まったく抱く必要ありません。

 

まずですね。

この意識を捨てましょう。

 

「ライバルに勝たなければいけない」

 

あなたの心の中に、切磋琢磨するライバルがいてもいいのです。

でも現実には、ライバルはいません。

 

あなたがファンを獲得したり、絵が評価されるたりすることを邪魔するライバルは、実際には存在しないのです。

 

画家のファンになる人の、絶対数が決まっているわけではありません。

評価される画家の数が決まっているかというと、そうではないですよね。

 

あなたの未来には、数多のチャンスも、ファンも、いくらでも用意されているのです。

自分で限定してはいけません(笑)。

 

あなたが、ほかの画家よりも抜きん出て特別な存在になるには、まずはあなた自身が、自分を特別扱いしてください。

 

この前の記事にも書いてありますが、好きなことを思う存分にしてください。

miyamarisa.hatenablog.com

 

好きなことを、とことん極めてください。

 

なぜなら、多くの人は好きなことを思う存分やるレベルまでは、突き詰めていないからです。

それ以前に、好きなことが何なのか、よく分かっていないし、ちゃんと説明できない人がほとんどです。

なんとなくの感覚でしか、自分の嗜好を捉えていません。

 

これは、人間関係を見ていても同じです。

「どうしても、この先生に習いたい」

「どうしても、この人と付き合いたい」

心底から、そう考えて行動している人は少ないです。

 

そうではなくて、

「優しくしてくれるから」

「有名だから」

「カッコイイから」

こんな、一言二言で説明できてしまうような理由で、簡単に「好きだ」「この人がいい」と思い込んでいます。

 

ですので、自分にとって不都合が出てくると、すぐに「こんなはずじゃなかった」「そこまで好きじゃなかったかも」と、気持ちが変わってしまうのです。

 

でも、本当に心底から好きなら、こうなりませんか?

 

「それでも好きで仕方がない」

「どんなことがあっても、ついていきたい」

 

簡単に諦められないですし、そこまでの気持ちがあれば、相手も簡単には手放しません。

双方があっさりと諦められるのは、大したレベルまでの「好き」ではないのですよね。

 

絵も同じです。

ちょっと評価が低いと、「そんなに描きたいものでもなかった」「やっぱりやめようかな」と、モチベーションが一気に下がるのです。

 

そんなレベルの気持ちで描いていて、「あなたは特別だ」と感じてもらえる画家になるでしょうか?

ならないですよね。

 

あなたが心底好きなことに打ち込むことで、そうではない人たちとの差別化ができるのです。

特別になるというのは、ほかの人とは違う存在になることです。

ほかの人が「ここまででいい」と区切りをつけてしまう、その遥か向こう側まで、突っ走ることです。

 

好きなことを極めると、あなたと同じような、好きなものを大事にする人たちが集まってきます。

一度好きだと決めたら、簡単には離れていかないファンです。

 

そういうファンに、ずっと愛される画家になってくださいね。

 

  

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

京町町家で学ぶ絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp