強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

頑張らない制作

こんにちは。

宮毬紗です。

 

良い絵を描くためには、体がリラックスしている必要があります。

どこにも力が入っていない状態ですね。

酸素が十分に、指先にまで行き渡っている感じです。

 

絵は手だけで描くのではありません。

体で描くのです。

 

たとえ椅子に座って、じっとしながら描いていても、全身のエネルギーを感じながら描くのですよ。 

頭と手だけを使って描いているのと、今いる場所の空間性を感じながら描くのとでは、絵のスケールが変わってきます。

 

さらに言えば、宇宙のなかの地球で描いているところまで意識する感覚でもいいですね。

 

 

そのためにも、あまり「これから制作を頑張るぞ!」と気合いを入れない方がいいです。

 

物事を成し遂げるためには、頑張らないといけないという思い込みは、画家の場合、ちょっと危険だったりします。

本当は必要のない、余計な作業を多くすることで、「よし、今日も頑張った」と思い込めたりしますので。

 

気合いを入れるのではなくて、リラックスした状態でスーッと日常の中から制作に入れる方が、兼業の場合は長続きしますよ。

 

仕事から帰って疲れているときに、「これから頑張らなくては・・・」と思うと、ちょっと筆を取るのも、億劫になりますよね。

 

 

画業の道は、長いのです。

定年はありませんし、なんなら寝たきりになっても描けます。

 

心がスキップする感じで、軽快に、楽しくいきましょう。

そういう制作を応援しています(*^-^*)

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

京町町家で学ぶ絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp