強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

そんなにこだわらなくても、という人への反論。

こんにちは。

宮毬紗です。

 

こだわることは、画家にとっては重要なことです。

 

あなたには、自分の絵に対してのこだわりがありますか?

制作スタイルでもいいですよ。

 

こだわりがあるのなら、誰が何を言おうが、徹底的にこだわってください。

 

それがあなたの個性になります。

持ち味になります。

 

こだわり続け、さらにそれを洗練させていくことで、、他の画家、絵画との差別化される要素まで昇華されていきます。

 

ただしですね。

今一度、考えてみてください。

 

「そのこだわりの本質は何か」

 

こだわるべきことに、本当にこだわっているのか。

 

例えばですね・・・

 

「目立ちたいから赤色を多く使っている」

 

この場合、こだわっているのは赤色ではなくて、目立つことなのですよね。

 

赤色にこだわっているのなら、赤のバリエーションを増やしたり、効果的に使う方向へ、こだわりを進化させていきます。

 

でも目立つためにやっているのなら、赤という色にこだわり続けるほど、興味を維持できないのですよね・・・

 

なので、中途半端なところで探求を放り出してしまうのです。

 

目立つことにこだわっていたいのなら、「では絵画で目立つとはどういうことか」という方向へ、探求心を持っていくべきなのです。

 

 

自分が何にこだわりたいのか。

 

これを的確に分かっていれば、あなたの絵が停滞していくことはありません。

 

こだわるほと、強い思い入れがあるものは、いくらでも掘り下げていけます。

しかも連続性が生まれるので、シリーズとしても充実した作品群になっていくでしょう。

 

あなたの思いの本質は何なのかを考える癖を習慣にできるといいですね。

あなたのこだわりを、突き詰めていきましょう。

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

京町町家で学ぶ絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp