強烈に愛される画家になるための特別講座

画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)が教えるファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

あなたの「いつもの絵」を変えるレッスン

こんにちは。

宮毬紗です。

 

ブログでも分かる通り、私は毎日<絵画>について考えています。

 

自分の描く絵ではありませんよ。

自分の絵についても、制作しているので常々考えますが、主に多いのは、自分の絵が<絵画>というもののなかで、どこに位置しているのか、どんな本質に繋がっているのかについてです。

 

あなたはどうですか?

 

自分の絵について「何を描こう」「どうやって仕上げよう」と考える人は多くいますね。

モチーフや技法のことを考える人は多いです。

 

あとは、身近な人の絵について考えすぎる人も多いですね。

ライバルだったり、美大の同級生だったり。

 

これは、あまり考えないほうがいいです・・・。

 

百害あって一利なし。

影響は、時代の波、もしくは大衆からの淘汰を通し越してきた名画から受けてください。

 

自分の描いている様式がどこから派生しているのか、それを知っている人は、案外と少ないです。

やり慣れているからと、大学で教わったままの技法を使っていたり。

研究室が同じだと、卒業してからも、みんな同じような塗り方で、同じような色調になっていることがありますね。

 

これにも、良し悪しはあります。

 

絵画教室で感じるのは、同じレベルで停滞しているときは、自分の絵のスタイルに、無自覚に執着しているときなんですよね。

 

なんとなく、やり慣れた方法で描き続けているのです。

思ったような結果が出ないけれど、でも変えたくないんですよね。

その方法が、あなたにとっての「絵を描く」という行動と、ピタッと重なっているのです。

くっ付いて離れないんです。

 

でもですね。

絵を描くということは、もっと自由なんです。

<絵画>の表現は、とてつもなく自由なんですよ。

 

無理に変えろとは言いません。

 

でも、もしも同じレベルで行き詰まっているのなら、あなたの絵が、一体何をもとにしていて、どんな様式に繋がっているのか、ちょっと客観的に見てみてください。

 

例えばですね・・・

 

 

あなたの絵だけに注目している目を、ずーっと高くしてみてください。

 

実際に、空に昇っている感じでもいいですね。

 

そこには、多くの「絵を描いている人」がいます。

 

老若男女、有名な画家から、無名の人、趣味の人までいますね。

 

いま評価を受けている絵があります。

これから評価を受ける絵があります。

評価を受けたのに、忘れ去られた絵もあります。

 

美術館もありますね。

展示室にも、収蔵庫にも、古今東西の絵があります。

様々な様式の絵があります。

 

何千、何万、もしかしたら何億の絵があります。

 

さあ、空から戻ってみてください。

 

その数多の絵のなかに、あなたの絵が含まれています。

 

どうですか?

リアルにイメージできましたか?

 

これは、<あなたの絵>の上の概念である<絵画>の世界から、あなたの絵を見直す視点を得るためのレッスンです。

 

自由に描いていいんです。

その自由のなかで、あなたにとって心地良い描き方、伝えたいものを、好きに抽出いいんです。

 

このレッスン、ぜひ他のことでも応用してみてください。

いろいろなことの見え方が変わると思いますよ。

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

京町町家で学ぶ絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp