強烈に愛される画家になるための特別講座

画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)が教えるファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

最強の「元ピュア」になる

こんにちは。

宮毬紗です。

 

いきなりですが・・・

 

「ピュアですね」

 

言われたことはありますか?

 

実はこの一言は、社会に出ると褒め言葉ではないんですよね。

 

「めんどくさい人ですね」

「実力も大してないのに、ややこしい人ですね」

 

そんな感じのニュアンスがあります。

会社で「ピュアですね」と言われてしまったら、ほぼ「常識知らずですね」の同義語です。

そうそう、「自分勝手ですね」も含まれますね。

 

 

たまにですね、こういうことを言う画家さんがいます。

 

「私はピュアだから、汚いことは嫌いです」

 

ピュアでありたい画家志望さんは、けっこう多いです。

 

ピュアでもいいんです。

汚いことが嫌いでもいいです。

 

でもピュアであることが、何かを拒否する言い訳にはならないんです。

 

自身が汚いと感じること、嫌なことは拒否していいです。

自分の主張は通していいのです。

ですが、拒否の仕方に工夫がないのは、人からの愛情を受けにくくなります。

 

拒否ではなくて、「こうできたらいいな」と、相手の要求を、まずは一旦肯定する表現ができる寛容さが、社会で愛されるためには必要です。

 

 

私はピュアな画家さんは好きです(*^-^*)

絵を描き続ける人は、心根が純粋な人が多いですね。

 

ですが。

 

ピュアなままでは、今のままですよ。

 

ピュアでありながらも、ピュアのままでは、今の立場以上にはなれないと認識している画家さんは、色っぽいです。

 

ピュアのままでは、色気はでません。

 

色気は寛容さと大きく関わってきます。

度胸とも関わります。

あと、確信犯的な自分本位から出る、毒からも色気は出ますね。

 

こういうものを持ち合わせた「元ピュア」は強いですね。

ある意味最強です。

 

矛盾する2つの要素を抱える人は、なんともいえなく色っぽいのです。 

 

ギャップやアンバランスさは、人を惹きつけます。

「魔性の男」「魔性の女」にある要素ですね。

 

多くのファンを魅了する画家は、ある意味「魔性」の要素を持っています。

ある美術商の方から聞いたのですが、色気がある画家さんは、やはり活躍する期間が長いそうです。

 

画家に限らず、素の自分をさらけて生きたい欲望と、そうではいけない理性との葛藤を知っている人は、とても魅力的ですよね。

 

あなたのピュアさを、これからどう活用していけるか、楽しみにしています(*^-^*)

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

京町町家で学ぶ絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp