強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

展覧会は本番ではない。

こんにちは。

宮毬紗です。

 

このブログは、出品する作家さんに向けても書いています。

あなたがこれから画家になるための基本も、画家になってからの基本も同じなんですよ。

 

「今日から画家ですので、これまでとは違う制作になります」ということは、まずないです。

すでに画家としての制作を続けている人が、その人をプロデュースしたい人や場所と組み合わさるだけなのです。

 

 

今日は、モチーフの選び方についてです。

よく「描きたいモチーフは、しばらく寝かした方がいい」と言うことがあります。

 

この意味について、ひとつの要素をお伝えしますね。

 

まだ展覧会慣れしていないあなたへ、これからモチーフを選ぶときには、ぜひ気をつけてほしいことがあります。

 

「自分にとって特別感のあるモチーフは選ばない」ということです。

 

 

こんな申し出をする作家さんがいるのです。

 

「せっかくの展覧会なので、これまで描いていなかったモチーフを描きます」

 

これはですね・・・。

 

よほど戦略を練れていないと、ほぼコケます(^ー^;)

 

いつも通りのあなたを評価して、声をかけたのです。

いつも通りにやってください。

 

 

特別なモチーフは、モチベーションも上がるでしょうし、展覧会で、これまでにない成果が出るのではないかと感じたりもします。

もちろん、そういう効果はあります。

 

ただし。

 

そんな結果が出るのは、特別なモチーフを「もう自分にとっては特別でもなんでもなく、体に馴染んでいるものだ」という感覚になるまで、存分に味わい尽くした後です。

 

簡単に言えば「宝くじを当てる感覚で展覧会に挑むのはやめましょう」ということです。

 

なぜならば・・・

 

どちらかと言えば、展覧会は準備期間の方が本番なのです。

 

いかに前回とは違った準備ができるのか。

前回の準備では「これ以上は無理」と感じるレベルを、普通にこなせるレベルに、どうやってもっていけるのか。

 

これを試行錯誤することが、展覧会だけではなく、画業の本質でもあるのです。

 

画家の本番は日々の制作なのです。

展示と販売の結果は、その集大成の成績表のようなものです。

 

これが理解できるようになると、あなたの毎日の制作が変わってくると思いますよ。

この具体例を7月から公開しますね(*^-^*)

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

京町町家で学ぶ絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp