強烈に愛される画家になるための特別講座

画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)が教えるファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

画家の恋バナ・口だけの彼氏

こんにちは。

宮毬紗です。

 

画家の恋バナが好評です(*^-^*)

 

恋人選びは大事ですよね。

悪い恋愛をしていると、愛されオーラも消えますし、一気に運が下がります。

 

良い恋愛は、良い相手があってこそ成立します。

 

恋愛は「がんばり次第」ではないんですよ。

圧倒的に愛される画家であるあなたは、尋常ではない努力が必要な「不遇な彼を支える恋愛」は、やってはいけません。

 

健全な人間関係は、無理な努力をするものではないんです。

付き合う際に、苦しい努力しなくてもいい相手を見極める力が非常に重要なのです。

 

そこで。

 

これも気になる内容の恋愛相談です。

 

とくに若い人から相談されますね・・・。

 

「彼氏が『今度こそバンバン出品する』『今度こそ賞を取る』と宣言するのですが、いつも口だけです。このまま付き合っていていいのでしょうか」

 

はい、出ました(^-^;)

 

「口だけはやる気」な男性です。

 

デートをすっぽかして、「今度、お詫びに食事に行こう」と言いながら、いつまでたっても実行しない「口だけは愛してくれる恋人」は、恋愛相談サイトを覗くと、ウジャウジャいますからね・・・。

 

これは覚えてください。

 

男性を評価するときは、言葉ではなく行動を見ましょう。

 

口で言うのは、なんの苦労もいりません。

唾液が減るくらいです。

 

「彼が何を言ったか」ではなくて「彼が何をしたか」を見ていてくださいね。

 

その男性の本心が分かります。

 

 

こういう悩みは、画家志望だけではなく、ミュージシャン志望小説家志望の恋人にも共通しますね。

一攫千金的な要素を見出せる仕事です。

 

「いつかは花を咲かせてやる」

 

そう宣言して、すでに3年経過・・・なんていう例もあったりします。

 

 

どの世界もそうですが、その業界での評価を得るのに、ひと昔前ほど時間はかかりません。

「苦節20年。やっと認められる」なんて状態は例外中の例外です。

 

そういう例外は、業界内で「こういうハッピーもありますよ」とのコマーシャルとして宣伝されることがあるので、「どんな人にもチャンスがある」と錯覚してしまいますが、誰にでも起こることではありません。

 

宝くじの確率と同じであっても、その確率を隠して公表してしまえば、「どんな人にもチャンスがある」との錯覚を起こすこともできます。

 

メディアは娯楽を与えています。

ドキュメンタリー番組であっても、制作サイドの意図は入っています。

 

普通に成功していく人よりも、苦節の時期が長いほうが面白いので取り上げるのです。

 

 

長年の苦節が続くのは、アプローチが間違っているか、もとから才能がないのです。

 

継続的に正しい方法でアタックを続けていれば、5年もあれば、それなりの結果が出てきます。

10年あれば「プロ」と呼ばれる中に入れます。

 

最低限の才能があれば、いつまでも泣かず飛ばずということはありません。

22歳から業界へのアタックを開始した場合、27歳頃には、何かしらの結果が出始めているでしょう。

入選・入賞回数が増えたり、展覧会数や販売する機会が増えたりします。

  

アプローチの方法が間違っている場合は、正しい方法を見極める能力がないのです。

 

いつまでもアマチュアの視点でしか見る力がないのです。

プロになるための視点を獲得できないのです。

 

 

厳しいことを書きましたが、そんな男性を恋人にしていて、あなたが幸せならいいのです。

あなた自身の夢を脇に置いて、人の夢に対して評論家になって生きていくのであれば、何も問題ありません。

 

ただしですね。

 

彼の夢は、彼の夢です。

じつは、あなたには何の関わりもないのです。

 

彼が夢を達成したときに、あなたに一時期は感謝することはあっても、ずーーっと繰り返し感謝し続けるわけではありません。

 

なぜなら彼は、彼自身の人生を生きているからです。

 

あなたが夢を叶えてくれたのではなく、彼自身が自分のやりたいことを叶えていったと認識するからです。

 

でも「口だけの彼氏」が、そこまでになることは、ほぼありません。

やはり何をやっても口だけになるのです。

そういう人でも評価され、活躍できる場所へ次第に落ち着いていきます。

 

人は自然と、同じレベルの人と集まっていきます。

恋愛でも仕事でも同じです。

 

ですので、あなた自身も、自分のやるべきことよりも、「私の彼、いつかは成功するのかな」とヤキモキしているところでは、彼氏と同じレベルなのかもしれませんよ。

 

自分自身がしっかりと仕事に取り組んでいれば、彼氏がどんな仕事のレベルにあって、あなたがそれを一緒になって悩むべきなのか、見えてくるはずです。

 

彼氏よりも、あなたの問題に注目して生きていきましょう。

 

それに視点を変えれば、彼氏だって「彼女は僕の人生に依存しようとしている。このままでいけば、下手したら結婚まで迫られそう」と重たく感じているかもしれません。

 

相手に対して不満があるときは、相手側は「過剰」な感覚を察知していたりします。

あなたが彼氏の人生に何かを期待するのは、彼氏にとっては「過剰」なことなのです。

 

長くなりました・・・(^-^;)

あなたに幸せな恋愛をしてほしい熱意が、思わず溢れてしまいました(笑)。

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

京町町家で学ぶ絵画教室はこち

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこち

ichiharugallery.hateblo.jp