強烈に愛される画家になるための特別講座

画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)が教えるファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

不公平であることについて

こんにちは。

宮毬紗です。

 

先ほど記事を書きました。

それについて、ある男性と話していました。

miyamarisa.hatenablog.com

 

その男性が、なかなか響くことを言ってくれたのです。

 

 

「この世は不公平だよ。でも不公平がいけないわけじゃない」

 

「それを前提に何をやっていけるか考えて実行するだけだよ」

 

「他人がやっていることに対して嘆くことを選ばない。それが自分の人生を生きるということでしょう

 

 

惚れました。

カッコイイ!

 

不公平に屈して、不満ばかり吐き出している人生は、かなり寂しいですね。

 

 

私自身も、不公平さについて考えることがありました。

 

私はある有名な現代作家と縁故関係にあります。

それを知った人たちがいます。

 

それまでと私を見る目が変わったんだろうな・・・と感じます(^-^;)

 

私は知られる以前と、同じ態度でいるつもりですけどね。

 

不公平さは、その人自身が生み出すのではなく、往々にして周りが生み出すもの。

周りが反応しなければ、何事も「あ、そう」で済むことです。

 

例えば・・・

 

「こんなに若くで受賞しまくっているのは、親から絵の才能を受け継いだんだよね」

「あ、そう」

 

これで終わりでいいんです(笑)。

まあ、こんな自慢げに言われたらドン引きですけど。

 

 

不公平である仕掛けを作りたい人たちは、便宜を図る相手のためを思っているのではなくて、実は自分たちの利益を最優先に考えています。

 

利益だけを目的に動く人もいるのです。

 

こういうのは韓非子を読めば載っていますからね。

有名な中国の古典です。

ぜひ読んでおいてください。

 

 

あなたに、しっかりと考えてほしいことがあります。

 

「誰を相手にしていくか」

 

「何に注目していくのか」

 

不公平を撒き散らす人たちを相手に、その不公平さを嘆いて生きるのか。

 

もしくは自分のやるべきことに注目して、それを助けたり、応援したりしてくれる人を相手に生きていくのか。

 

一生のなかで、どちらにあなたの貴重な時間を多く割きたいかです。

 

あなたが幸せになる方を選んでください。

あなたが「こんな不公平なことを、どうしてするんだろう」と疑問に思っている人たちも、自分たちが幸せになるために、その選択をしているのです。

 

そして・・・

 

ちょっと考えてみてください。

 

その人たちが一体何を求めて、あなたが「不公平だ」と感じることをしているのかを。

 

相手の視点になって、あなたが不本意だと思うことを観察できるようになれば、また次のステップに上がっていけるのです(*^-^*)

 

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

京町町家で学ぶ絵画教室はこち

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこち

ichiharugallery.hateblo.jp